サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   

「と」〜山の用語集〜 [tozan.net]


トカゲ(とかげ)*登山俗語*

変温動物というのは、周囲の状況によって体温が変わるので、日が出てくると乾燥した岩の上 などにへばりついて体をあたためるんですね。だから雨が降ったあとの岩場でヘビにでくわし たりするわけですが、とかげもまた変温動物の一種なので、そういう性質があるのでしょう。
トカゲ、というのは、転じてねそべって日がな一日過ごすこと。ゆっくりと過ごす山もまた最高です。

登高(とこう)*登山用語*

上へ登っていくこと。登山、や、登り、よりも若干「より困難へ」的ニュアンスが含まれる。

登山型肉体酷使運動(とざんがたにくたいこくしうんどう)*冗談*

登山ではありません。肉体酷使運動です。ただ、その肉体酷使運動が、登山のようなカタチをしているので、登山型肉体酷使運動なのです。僕の趣味を説明するための言葉?

他にも、水泳型肉体酷使運動、合唱型肉体酷使運動、マラソン型肉体酷使運動などがあります。


トップ(とっぷ)*岩登り*

最初に岩を登る人。ロープで上から支えられないので、絶対に落ちてはいけないといわれる。トップ で登るにはそれなりの技術が必要なのだ。
ちなみに、トップをきる、という言い方もする。

トップロープ(とっぷろーぷ)*岩登り*

上からロープで確保して登るやりかた。安全だが、一回(登山道などから)上 に行ってロープを垂らさなければできない。

ドッペルゲンガー(どっぺるげんがー)*冗談*

ギリシア神話だかなんだかに出てくる魔物で、列を作って歩いていると、背後から近づいてきて、一番後ろの人 を殺してその人のふりをするのがドッペルゲンガー。現実社会では殺しませんけど、いつの間にか貴方の隊の後 ろにヒタヒタとくっついてきたり、いつのまにか隊の中に入っている単独登山者がいませんか?
ドッペルザイル(どっぺるざいる)*岩登り*

クラミングで、9mmザイルを使う場合、1本だけでは強度的に不安なので、2本のザイルを使ってビレイをす ること。

トマ(とま)*地名*

群馬県周辺でよく言われる地名で、トマには「手前」の意味があります。反対は「オキ」。
谷川岳の場合、手前側が「トマの耳」で、奥側のピークが「オキの耳」という具合になります。

トラバース(とらばーす)*登山用語*

これも僕が山をはじめたとき、何のことか全然意味がわからない言葉の1つでした。トラバイエ(仏語で仕事) かと思っておりましたが、トラバント(旧東ドイツの車)かもしれないし(爆)
さて、本当の意味はといいますと、「横断」です。何を横断するかというと、斜面でして、沢を横切るのは トラバースとはいいません。要するに、斜面を上に向かうのではなく、横へ向かうのがトラバースです。じゃ あ斜めに上がるのはトラバースか、というと、斜めに上がるのはたんにつづら折りなだけなので、トラバース とは言いません。尤も、その獲得標高が距離よりずっと低い場合は、トラバース気味の・・・なんて言います。

無雪期のトラバースはなんと言うことはありません。ただ左(右)へ落ちないよう注意しながら右(左)から の落石に注意すればいいだけです。ところが、積雪期の斜面のトラバースは、場合によっては雪崩を誘発する ことがあったり、もしくはアイゼンの使い方が難しかったりして、標高を稼がないのに難所の1つだったりす ることもあります。

取り付く(とりつく)*岩登り*

登山において、本来の目的としていた場所を登り始めること。例えば、岩登りであれば、沢をつめていって目 標の岩場の直下まで行くのがアプローチ。岩を登り始めるのが「取り付く」
ちなみに、登り始めた場所は取り付き点と呼ぶ。

トレース(とれーす)*冬山*

積雪期において、踏みあと、すなわちトレースがあるかないか、というのは難易度を大きく左右します。トレー スがある山はトレースを忠実にたどれば山頂へつけるわけですが、トレースがない山の場合には、自分でルー トファインディングをして、しかもラッセルして道をつけなければならないのです。
そこにトレースがあっても、トレースがなくても登れる山でなければ登ってはなりません。あくまでも自分の 技量の範囲内で登るのが登山であり、自分の技量をこえた登山はただの無謀でしかありません。


トレイル(とれいる)*登山用語*

小道のこと。要するに、登山道。スカイトレイルといえば稜線歩きのような意味だ。

トレイルランニング(とれいるらんにんぐ)*登山用語*

主として登山道を、軽い荷物を背負って走るスポーツ。登山とランニングのあいのこのような感じです。登山の1ジャンルとされることが多いが、僕は登山とは似て非なるものだと思っている。たまに競技会が山の中で行われていたりしますが、あれは迷惑だな…

トレーニング(とれーにんぐ)*一般*

3日坊主に3000点
トレラン(とれらん)*登山用語*

→トレイルランニング
ドレミファ(どれみふぁ)*登山用語*

雪山で足の指を靴の中で動かす様子。ドレミファを踏むという

ドローコード(どろーこーど)*登山用語*

フードやスタッフバッグなどで使われている、生地の端を袋状にしてその中に紐を通し、絞れるようにしたもの。紐を縛る代わりにコードロックなどがよく使われる。
ドロップニー(どろっぷにー)*岩登り*

俗称のほうが有名です。「キョン」ないし「キョン足」。岩登りで行う片方のひざを下へ向けるようなムーブ(動き)のこと。

(2015.5.7 22:42)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net