サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

   

「え」〜山の用語集〜 [tozan.net]


エアリア(えありあ)*登山用語*

昭文社の「山と高原地図」のことで、その昔「エアリアマップ」とかいてあったことからエアリアと 言われるが、今はエアリアと呼称していないので、少なくとも新しい地図のことをエアリアというの は誤り。一般的な標準コースタイムのことを「エアリアで○時間」という言い方もする。

エイト環(えいとかん)*登攀*

ラペル(懸垂下降)をするときに、ロープに絡ませておいて制動を確保するための器具。8の字の形 をしているのでエイト環と呼ばれる。

エイトノット(えいとのっと)*登攀*

ハーネスにロープを結ぶときなどに使用する8の字結びのこと。
エイドクライミング(えいどくらいみんぐ)*登山用語*

ロッククライミングには、ロープ以外の道具を使わない、 「フリークライミング」と、アブミやハーケンといった道具を使う「エイドクライミ ング」があります。スポーツ色の色濃いフリークライミングに対して、エイドクライ ミングは登山の要素が強く、山岳救助などではエイドクライミングが基本となります。

エキノコックス(えきのこっくす)*登山用語*

キタキツネの腸に寄生する寄生虫。人間に感染すると自覚症状がなく、気づいたときには脳が冒され、手遅れになっていることが多い。煮沸することにより死滅するそうなので、東北地方の山では特に生水は飲んではいけないといわれる。

エクスペディション(えくすぺでぃしょん)*登山用語*

一般に海外遠征のことを指す。
エゴイスト(えごいすと)*一般*

そこのねーちゃん、たのむからエゴイストのジーンズと厚底靴で富士山登るのはやめてくれ!!

エスケープルート(えすけーぷるーと)*登山用語*

エスケープルートとは、本来のルートを進むことが無理となった場合(時間切れや、積雪が予想外に多かった、怪我人や病人が出た、登山道具に重大な故障が起きた、食料や時間が切れて先へすすめなくなった、など)途中で退却するルートのことを言います。
エスパース(えすぱーす)*商品名*

ヘリテイジ社のテントでカモシカスポーツで買える。緑の布地が特徴だ。エスパースマキシムは良さそうだったのだが、夏場使うには少々辛そうだったので結局僕はゴアライトにした。

枝尾根(えだおね)*登山用語*

支尾根のこと。
越冬カレー(えっとうかれー)*登山俗語*

これはうまい!
越冬ビール(えっとうびーる)*登山俗語*

当たり前だけどお客様には出ません。
エスプレッソ(えすぷれっそ)*冗談*

山の上で飲むコーヒーは実にうまいものです。エスプレッソじゃけんの、味わって飲んでください。
エスプレッソじゃなくて、粉入れすぎただけだろっちゅーの
エビのしっぽ(えびのしっぽ)*冬山*

おすしをおごってもらったとき、なかなかエビを注文するのには勇気が要りますね。こっそり食べても、しっぽだけ残っ てしまうのですぐにエビを注文したのがバレてしまいます。しかも、甘エビなんか頼んだ日には・・・ さて、エビのしっぽというのは、無理して食べないといけないものの代名詞。気象条件の厳しい山では同じ方向から風が 吹き付けるため、木に氷がくっついてえびのしっぽ状になることがあります。これがエビのしっぽ。樹氷の一種です。み つかったら大変ですから、氷を削って溶かして飲んでしまいましょう。(一部ウソが混じっています注意)
エベレスト(えべれすと)*一般*

世界最高峰チョモランマの英名。インド測量局の初代長官ジョージ・エベレストの名による。標高は8848mから8850mに訂正された。

エマージェンシーシート(えまーじぇんしーしーと)*一般*

ビバークザックの項を参照

宴会山行(えんかいさんこう)*登山用語*

メンバーの技量に比して比較的楽な山行きで、特にお酒を飲むことを大きな楽しみとしたもの。

燕山荘(えんざんそう)*固有名詞*

ホルンさえなければ、いい山小屋なんだけどなあ…(某子談)

堰堤(えんてい)*沢登り*

沢登りの難所。巻くか、直登か?いや直登するには手がかりが少ないぞ

(2015.5.7 22:42)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net