サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

   

天気をどうしているか

登山はアウトドアでやるスポーツですので、当然天気によって左 右されます。天気がよければ↑↑だし、まず天気が悪ければたい ていは↓↓。ホントはそんなに簡単な問題ではないのですが、天 気をどうしているか、について書いてみたいと思います。




僕等が週末でかけるときどうしているかというと、今はほとんど 天気図は見たりしません。かわりに、登山天気

http://tenki.jp/mountain/

を眺めています。で、降水確率が50%以上だったらとりあえず 中止、ということにすることがほとんどです。

(ちなみに、「ほとんどみない」ということは、見ることもある、 ということです。でも、解説つきで見ます。自分で天気図見て解 読はしない、というか、できない)


行き先は西のほうと東のほうと複数決めておいて、たとえば西の 方がダメでも東の方はいけそうだ、となったら東の方へでかけて みる、というぐあいに臨機応変にしています。

どっちもダメとなったら、その週はとりあえず遠出は中止。


だけど、やっぱりでかけたい…となったら。
夏は、雨の降り具合を考慮にいれます。雨と一口にいっても、大 雨警報が出るような状況から、しのつく雨までいろいろ様相を変 えます。しっとり雨のときは、別にでかけても問題はない。雨具 だって、たまには使わないとせっかく買ったのだからもったいな い。

前述の登山天気のところを見て、予想雨量が2、3ミリくらいだっ たら、僕はたいていは甲武信岳へでかけることになります。ホー ムグラウンドってやつですね。人によって行き先は違うでしょう けど、行きなれた山で、雨でも見どころがある山をレパートリー に加えておいて、そこへでかけるようにすると山行回数が増えま す。岩場があったりする山は基本的に避けるようにします。

冬は、基本的に悪天のときはでかけません。冬場気象条件が厳し いと生死にかかわるし、どっちしてもしんどい思いをする。だけ ど、(関東近県の)1500m以下くらいの山へはでかけること もあります。でかけるかどうかは、やはり、降り具合を見て決め ることになります。

(2015.5.7 13:39)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net