サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   

シュラフがイマイチ寒い場合

当方は夏場(といいますか、春〜秋)は−9度対応のシュラフを使用しており まして、ゴールデンウィークの3000m稜線でも割と快適に過ごしています。
#って、何度も行ったわけではありませんが
このときの温度は、あくまでも推定(この冬温度計を買ったのでまだ夏のデー タはありません)ですが、外気温は0〜5度前後、テント内の室温はおそらく 5度〜内外ではないかと思います。

−10度対応シュラフを外気温6度で試されたとのことですが、春〜秋の 1000m級なら、テント内で6度は、かなりいい数字ではないかと思うので すが・・・・

同じシュラフでも工夫の仕方によって快適度は断然違うと思います。

首回りからの空気の出入りは、直接暖気が逃げてしまいますので、首のドロー コードを引っ張って、首回りからの空気の出入りを極力少なくするのが、まず 第一のポイントかと思います。何か着るものや、ザックのパッドの類があれば、 首回りを覆って首筋からの空気の出入りを遮断してあげればシュラフの中はず いぶん暖かくなります。
僕の場合はシュラフが温まるまでは中に潜っちゃいます。あと、表面積が広い と熱が逃げる面積も広いので、丸まって寝ることが多いかな。

地面からの伝導で逃げる熱も大きいので、マットで断熱すること−薄手のマッ ト1枚と、その上に個人用マットがあるのとでは、特に冬場は全然違うと思い ます。

下着はどうでしょうか。下着がよくないと、多少重ね着したところで暖かくは ないと思います。靴下は、山の場合靴下を履いて寝るのが大前提だと思います が、靴下は履かないということでしたら、足先をタオルで覆うなどすれば良い のではないかと思います。上に着る防寒着や雨具があれば、着るよりも足先を 覆ったほうが結果的に耐寒温度では暖かいように思います。

あと、僕は寒そうだな、と思ったら、寝る前2時間位からシュラフに入って暖 めておきます。自分で発熱するものではないので、とりあえず暖めるが吉のよ うな気がします。効果のほどは?です。

寝る前に糖質を含んだ食べ物を口にすると体温が上がるので暖かく眠れるとい う話も聞いています。
アルコールはどうなのでしょうかね。醒めた後は冷えるといいますけど、一番 重要なのは眠るときの体感温度なので・・・あくまでも軽く、という前提で、 飲んだほうが眠りやすいのかもしれませんね。このあたりは、ご自身で実験君 してください。報告お待ちしております(^^;

疲れてないときはうすら寒くて眠れなくても、疲れていれば、大抵の状況で熟 睡できます。そういう意味では、寒くてどうしようもない状況ではなく、寒い かな・・・程度なら、2度3度目がさめたところで、必要な睡眠は取れている ことが多いのではないかと思うのですが・・・・

(2015.5.7 13:39)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net