サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   

すれ違いの手順


えっと、ちゃんとすれ違えるくらい幅のある登山道ならいいのですが、 幅のない登山道ですれ違いをする場合は、以下のようにしてください。

1)優先順位

山では、原則として登りが優先なので、基本的には下りの人が待ちます。 ただし、登りの場合でも、大人数の場合は人数の多いほうが待つように した方がよいでしょう。
よけられる場所が少ない場合は、少人数の側がよけて、大人数のパー ティを先に行かせる場合も考えられます。

2)待つときは

待つときは、安全な場所で原則として山側へよけます。谷側へよけると、 荷物が接触したりした場合に落ちる可能性があるからです。 やむを得ず危険な場所ですれ違いをする場合は、極力安全な場所を早め に確保して、岩や木につかまるなどして接触しても滑落しないよう十分 な配慮が必要です。
また、滑落の危険のあるところでは、相手の人数を確認するなどして、 行ったり戻ったりしないで済むようにしたいものです。

3)譲ってもらったときは

焦らず走らず、でもって、荷物に十分に注意して、接触滑落などのアク シデントは極力避けるように注意します。

4)両方とも動いた状態で

両方とも動いた状態ですれ違うのは、登山道の幅が広いときだけにして ください。狭い登山道で両方とも動いた状態ですれ違うと、腕や荷物が 接触して滑落や転倒の危険が増大します。

5)混雑する難ルートは時間の余裕をもって

とくに混雑するルートで、いわゆる難所と呼ばれるルート(西穂高→奥 穂高や、大キレット、八峰キレットなど)では、どうしてもすれ違いに 時間がかかり、予定外に行動時間が伸びる可能性があります。このよう なところをハイシーズンに通過しようという場合は、十分に時間の余裕 をもってでかけるようにしてください。心労や焦りから、変な事故を起 こしたりしては元も子もありません(しかも、こういう危険箇所の通過 の場合、事故はとりかえしのつかないことになりやすいと思います)

(2015.5.7 13:39)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net