サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   

水分のとりかた


って、こんなのは好きにすればいいんです(笑)
一応基礎知識として、僕の方からは以下のように説明しておきますので、 知っておいて損はないと思います。

1つは、水を飲んでから、実際に吸収されるまでには時間がかかるとい うこと。もう1つは、喉が渇いたと感じるときには、すでにかなりの量 の水が失われてしまっている、ということです。

このことから、体水量を一定に保っておくためには、喉の渇きを感じる 前に先回りして水を飲まなければいけないことがわかるでしょう。そし てその量は、一度にたくさん、ではなくて、少量を少しづつ取る、とい うのも言えます。体水量が減ってくると、血液が濃くなってエネルギー の循環がうまくいかなくなったりしますので、できるだけ体水量は一定 に保っておくのがベストです。勿論人間の体はある程度の変化に耐えら れるようにできてますので、さほど神経質になる必要はないのですが、 水分を取らずに行動しているとバテやすい、というのは本当です。

今更書く必要はないとは思いますが、僕も見かけたことがあって、あま りにも前時代的なので唖然としたことがありますが、行動中に水を飲む とバテる、などというのは確実に迷信ですので、こんなことは絶対に信 じないよう。ただ、一時にまとめて取るとバテるのは本当なので、上の ように少量を少しづつ、まめにとるのが肝心です。

と、すると、水筒をザックの中にいれておくと、その度ごとにザックを 下ろさないといけない。できれば、水筒はザックから出した状態で、す ぐ取り出せる位置に置いておくのがいい、ということになります。

さて、汗から出て行くのは、水だけではなく、塩分も含まれています。 従って、汗が多いときには、塩分も失われていっていることになります。 そこへ、水ばかり補給していくと、やがて塩分バランスが崩れて、最終 的には水中毒になることがあります。僕は中毒までは経験がありません が、2〜3日行動を続けるとやはり塩辛いものが欲しくなります。従っ て発汗が予想されるときは、多めの水とともに、塩分を含んだもの=ビ スケットであるとか、スナック菓子、もしくは梅干などを持っていくと いいでしょう。

(2015.5.7 13:39)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net