サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

   

パッキング

パッキングというのは要するにザックへの荷物の詰め方、なのですが、キスリング(その昔の横長ザック)の時代ならいざ知らず、いまどきのちゃんとしたフレームが入ったアタックザックなら、荷物は適当に詰めればほとんど問題が出ることはありません。

ただ、いくつかの基本的なキーワードは、荷物を詰める際の参考になることでしょうから、少しだけ説明しておきます。


(1)基本−重いものが上

重いものが下、ではありません。上です。上に重いものがのっていたほうが、体全体に重さが分散される分疲れにくいからです。
といわれているのですが、上か下かは、今のザックでは(もちろん影響はあるのですが)さほど重要な問題ではありません。それよりも注意してほしいのは、重いものをできるだけ背中に近い位置にするということ。背中から離れた位置に重いものがきてしまうと、後ろに引っ張られるのでバランスが悪くなります。

じゃあ、重いものとは?日帰りなら、なんといっても水でしょう。

(2)よく使うものは取り出しやすいところ

日中よく使うものは、取り出しやすいところに置いておきます。じゃあ、日中よく使うものとは?
地図?いえ、地図をザックに入れておくというのは、常識では考えられないことです。ポケットに入れるとかして、数秒で確認できる場所においておくべきと思います。地図をザックにしまいこんで、ほとんど確認もしないというのはやはり問題ありだろうと思います。
じゃあ、水?そうですね。水も悪くありません。僕は水はザックの横に入れておいて、ザックを下ろさずに飲めるようにしてありますので、水は奥でも構いません。
じゃあ、カメラ?記念写真くらいしか撮らない人なら、カメラもザックの中で悪くないでしょう。僕は首からかけていますが、ザックの中にしまってしまうと、撮影枚数は10分の1以下に落ちてしまいます。
ほかに考えられるとしたら、昼食とか、雨具の類でしょうか。それも取り出しやすいところにあるといいですね。

(3)できるだけ毎回同じ場所に同じものをいれる

こうすれば、ザックの中をひっかきまわして探し回る必要がないからです。


日帰りのときは僕はほんとに適当につめこむだけですが、テント泊のときは、2気室式の、上と下とがわかれたザックの場合には、僕はこうしています。

ザックの下 細かいもの。ザックカバー、雨具、その日の昼食、医療用具など、非常食、ゴミ袋、シュラフ、シュラフカバーなど。
ザックの上 行動用の水、コッヘルやガス缶、バーナーの類。、防寒具、食事用の水、テント。横にテントマットとテントポール。
天蓋 壊れやすいものやすぐ取り出せないと辛いもの。巻紙、その日の行動食、ヘッドライト、電池など
ベスト 頻繁に取り出す可能性が高いものや、たとえザックを失ったとしてももどうしても手元においておきたいもの。キャラメル、呼子、ナイフ、コンパス、地図、高度計、筆記用具、メモ帳

(2015.5.7 13:39)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net