サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   

難所の通過


★鎖場

トラロープや登山用のナイロンロープがかかっている場合 と、ホンモノの鎖(チェーン)がかかっている場合とがあ りますが、基本的にどちらも操作は同じ、と考えてくださ い。

あんまりこれを書いてある本はないのですが、必ずやって ほしいのは、「体重をかける前に引っ張ってみて、その鎖 が信用できるかどうか確認してみてください」

目でみて、中の芯がびろろ〜んと完全に出ちゃっているよ うなロープは、手を添える程度にして、体重を預けちゃう ようなことはやめた方が無難です。

あんまりロープが切れたという話は聞きませんが、でも絶 対はありません。登山道の整備をしている専門家によると、 登山道に張ってあるトラロープの類は、1シーズン持たな いこともあるらしい。
ということは、シーズン中のどっかで切れるか、安全性が 損なわれるか、供用に耐えない状態になりうる、というこ とです。そこにかかっているロープは盲信せずに、必ず体 重を預けるまえに引っ張ってみたりして、安全であること を確認してから使うようにした方がいい、ということです。


で…鎖場の通過で、一番重要なのは、「足場をしっかりす る」ことです。鎖は手にもつものだから、手に注意がいき やすいですが、むしろ足の方が重要で、足元がしっかり安 全な場所が確保できていれば、手は添える程度で十分なわ けです。鎖場でおっこちる人の大半は、最初に足を滑らせ て、手で体重を支えきれなかったことだろうと想像されます。 ですから、岩や鎖にしがみつかないで、少しからだを離し て、足で立つようにします。

鎖場がでてきたら、面倒でもストックはしまうようにした 方がいいでしょう。ザックのわきなどにくくりつけて、両 手があいている状態にします。このとき注意なのですが、 横着せず長さは必ず縮めて、ザックからはみ出さないよう にするようにします。というのは、僕、横着してそのまま くくりつけたストックがひっかかって、本当に落ちそうに なったことがあるのです。

登るときは、かならず3点支持を守るようにしてください。 3点支持とは、まず最初に両手両足をついた状態で、動か すときは、片手か片足1箇所だけ動かす。のこりの3箇所 はかならず岩ないし鎖にかかっているようにして、安定を 確保する方法です。

鎖は補助程度のものですから、あまり頼りすぎないように して、片方の手は鎖、片方の手は岩に手をかける、ような 状態が理想ですが、むずかしい鎖場になると手がかりや足 がかりが少なくて、どうしても鎖を頼らざるを得ないとこ ろはあるだろうと思います。そういうところは個別に臨機 応変に対応してください。


ちなみに、僕が、「こりゃシンドイ」と思った鎖場は、剱岳 の別山尾根だけですが、十二ヶ岳とか、有名な難所をやっ てみたい、というのであれば、フリークライミングもかじっ ておいた方がいいでしょう。そんなに難度の高いところが 登れる必要はありませんが、5.10aか、5.9くらい のやさしい難易度の場所が確実に登れるようになっていれ ば、相当な自信がつくと思います。


★はしご

はしごは、2,3段くらいの短いのから、八ヶ岳や槍ヶ岳 の「100mくらいあるんじゃないか?」というのまでい ろいろあります。ある程度傾斜のつけられているはしごで 落ちてもしりもちをつく位のものならともかくとして、落 ちたら痛い目にあうような場所では、登るときも下るとき も、かならず正対(はしごと向き合う)してください。下 りで前を向いたまま降りようとすると、荷物がひっかかっ たりして転がり落ちる可能性もあります。

鎖場同様、3点支持を守って上り下りしてください。
鎖場と同じで、まず足場をしっかりするのが重要ですが、 手は、横のステップをつかむようにしてください。両脇の 縦になった部分をつかむと、万一足を滑らせた場合、手で 体重を支えきれずに落ちてしまうことがある、そうです。


ストックは真ん中を持って親指でおさえておいて、あとの 4本の指はフリーにしておく、という手もありますが、初 心者のうちはザックにしまうようにした方が安全でしょう。

★丸木橋

いまどきの関東近県の丸木橋は、丸太を3本くらい並べてあって、その 上にさらに板が渡してあったりするので、難所というほどの難所ではあ りません。雨の日は木の上は滑りやすいので慎重にいく程度のことを気 をつけておけば十分でしょう。もしストックを持っていたら、足を動か すときは両方のストックを軽くついておいて、バランスをとるようにす れば万全です。

関東近県で丸太が1本渡してある、なんて橋は、僕はみたことがありま せんが、もしそういうのがあったら、片足は縦に、片足は横にしてバラ ンスをとってすり足でわたります。雨で濡れていて、どうにも滑りやす い(もしくは渡るのに自信がない)というのであれば、丸太にまたがっ て、ヨイショヨイショと進む方法もありますし、渡渉ができる水量であ れば、丸木橋を使わずに渡渉をしてしまってもいいわけです(僕は1度 だけ丸木橋が滑りそうだったので、わきを渡渉したことがあります)

★渡渉

あまり一般ルートで渡渉をしないといけないトコロはないと思いますが、 渡渉のムズカシサをわけるのは、水深です。

靴がつかる位の深さは渡渉はよくあります。これは、足元が濡れるかどう かだけ気にすればいいでしょう。できるだけ浅くて滑りにくいところを、 木の枝やストックで探して歩くのがいいですが、靴がつかるかつからない かギリギリ位だったら、靴と靴下を脱いではだしで渡る、という手もあり ます。この場合は、足を怪我しないよう十分注意してください。
とび石づたいにピョンピョンといくのは、若い人ならいいですが、体力や バランス感覚の衰えた人だとすべって転んで足をひねった、なんて可能性 もあるので、この位の水量なら足場の安定した所を選んで歩いた方が安全 です。

おおむね、ひざより浅いところであれば、そんなに危険はないと思います。 滑って転んだりしないよう慎重に渡ればいいでしょう。

一般ルートで、ひざより深い渡渉は、(北海道の幌尻岳以外では)僕はし たことがありませんので、深い渡渉をしないといけないようなところへ出 てきたときは、ルートが違ってないかまず確認してください。ルートが合っ てる確信が持てたら、慎重にすり足で渡渉します。もし持っていれば補助 ロープを出したり、もしくは数人で肩を組んだりして、流されないように 注意して渡るようにしてください。


腰までつかるよう場合は、雨などで一時的に水量が増えている可能性が大 です。この位水量があると流れの速さによっては、流されて死んでしまっ たという事故もあるので、渡渉するかしないかは、相当慎重に吟味しない といけません。雨が降っている、もしくは雨が降った直後だ、というので あれば、無理に渡渉せずに、水をひくのをしばらく待つようにします。


★つり橋

うーん、つり橋がなんで難所なのかよくわかんないんだよな…つり橋は、 登山道の構造物の中でもしっかりしたものだと思います。渡るときは、 つり橋の中央をゆっくり渡ること。あんまり下を覗き込まないようにし ます。両サイドのワイヤが掴めれば掴んだほうが安心でしょう。

つり橋によっては定員が決められているので、これを守るようにしてく ださい。

(2015.5.7 13:39)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net