サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

   

[登山技術]登山計画書と記入例

登山計画書というのは、誰某がどこそこの山に入ってどんなルートで、持ち物はなに、というものを、1枚の紙にしたものです。法律上の義務ではありませんが、山に入るときには必ず登山口備え付けの登山計画書提出ポストもしくは管轄の警察署に提出し
ます。これが、遭難したときの命綱になります。もし、これが提出されてないと、「山へ行った」だけでは、 遭難しても探しようがありません。

(で…計画書の提出率は、実際には非常によろしくない状況で… もし、計画書を出さないとしても、最低限知人や家族に、「いつ」「どこのルートから」「どこの山へいって」「いつまでに帰る」かは、伝えておくようにしたいものです…)



でもって、こちらが記入例です。計画書の様式は決まっていませんので、ご自分で作成するか、書籍の裏などについている登山計画書のコピーを使うか、こういった様式を配布しているサイトからダウンロードさせてもらうとよいでしょう。当方も、(このサンプルとは違うものですが)計画書の白紙をPDFで配布しておりますので、ぜひご利用ください。

はじめは必要な項目が漏れてしまうのを防ぐためにも、他人の作ったものの方が良いと思います。慣れてきたらご自分で作成すると良いでしょう。
写真
こんな様相ですので、特に難しいところはないと思いますが、特に初心者が何を記入したらいいか、というところだけ少々解説しておきます。

目的:何のために山に登るのか、を記入します。通常はピークハントと書いておけば大丈夫です。もしくは写真、バードウォッチング、という具合に書いても構いません。例えば行方不明になった場合、山菜取りとかキノコ取りとかであれば、「あ、この人は登山道を外れた場所にいる可能性が高いな。山菜のありそうな場所で道を外れたな」というのが、ある程度想像がつくわけです。

救援体制:山岳会などに所属していて、万一遭難した場合に救助にかけつけてくれる人がいる場合は「あり」に○をつけます。未組織(山岳会に所属していないこと)の人の場合は、「なし」に○をつけます。
僕の場合は当然「なし」なのでこの様式には人数の記入欄がないのですが、あり○名、と記入する登山計画書もあります。

メンバ氏名:誰が山に入ったか、というのを明らかにする意味で非常に重要です。この様式には登山経験欄がありませんが、登山経験欄に○年、と書く登山計画書もあります。
CL、というのは、チーフリーダー、SLというのは、サブリーダーの略です。ハイキングの延長の登山ではいい加減にされることが多いですが、ある程度人数がまとまる場合は、どんなにいい加減な山行でも、リーダーは定められるべきです。
保険に加入している場合、ヘリを飛ばしても費用は保険から出ますので、親族などから費用負担の確認がとれる前にヘリを飛ばすことなどが可能になり、スムーズに救助ができます。保険に加入している場合、加入している旨を明記しておくとよいでしょう。

ルートの概況欄には、どこを通る予定なのか、というのを明記します。これによって万一の遭難の場合の捜索範囲が大きく絞られるので、捜索費用が安く済む、といいますか、捜索する人に迷惑がかからずに済みます。
逆に、提出した登山計画書に書いた計画をあとから変更する場合、山小屋などに連絡をしておかないと、出さないほうがマシだった、という結果にもなりかねませんので要注意です。
上の例で、もし雲取奥多摩小屋に泊まったあと行方不明になったとしたら、遭難場所は2日目の行程のいずれかですよね。この場合は1日目と2日目とで同じ場所を歩いているので意味がありませんが、もし向こう側に抜けるルートを取るのなら、雲取奥多摩小屋の先だけを重点的に捜索すれば済むわけです。
地図はルートの概況ではわかりづらい場合、必要に応じて記入します。

方法欄は、この様式は僕の技量に合わせてあるのでハイキング、一般ルート、難ルート、の区分ですが、選択肢が「沢登り、岩登り、縦走」となっていたらわかりやすいのではないかと思います。要するに、どんなところを通るか、というのが一番の問題でして、それによって起こる事故も変わってきます。

荒天時エスケープルート他欄には、僕はあらかじめいろいろとゴチャゴチャ書いているんですけど、通常は「エスケープルート」だけ記載すれば大丈夫です。エスケープルートとは、本来のルートを進むことが無理となった場合(時間切れや、積雪が予想外に多かった、怪我人や病人が出た、登山道具に重大な故障が起きた、食料や時間が切れて先へすすめなくなった、など)途中で退却するルートのことを言います。
無線を持っているのならコールサインや周波数、何時に定時交信をするか、なども記載しておくと良いでしょう。携帯電話があるようならその電話番号も書いておくべきです。

装備欄には、何を持っていっているかを記載します。

(2015.5.7 13:39)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net