サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   

冬も山登り(2)


(2)では、夏山との装備の違いを見てみたいと思います。

靴−
基本的に、積雪のある山に布製登山靴はおすすめできま せん。布製でゴアブーティのものは最低条件、といいま すか、それでも積雪が予想される山には厳しいのではな いかと思います。革製の軽登山靴なら良いですが、アイ ゼンと組み合わせる場合、靴底が硬いほうがアイゼンは 外れにくいですので、ある程度アイゼン歩行が長いよう なら重登山靴のほうが良いとおもいます。

下着−
夏は綿のものでもさほど問題にはなりませんでしたが、 冬場はやはり化繊のものの方が安心です。
化繊の下着には、主に夏用の放湿と放熱を重視したもの (クールマックスなど)と、主に冬用の、放湿と保温を 重視したもの(サーマスタットなど)がありますが、冬 場は保温を重視したものを使うといいと思います。とは いえ、夏に買ったものがあれば、それで充分です。
長さの方は、短いもの(ショートジョン・トランクス もしくはブリーフ、ショーツ)でおそらく大丈夫だと思 いますが、このあたりは個人の体感温度にもよりますの で、自分は寒がりだと思ったら長いものにすればいいでしょう。 どちらも1年を通じて使えますから、1つ持っておいて 損はないと思います。
靴下も化繊のものが良いと思います。ウールといいます か、ダクロンQDといった素材の厚手のもので充分です。 1つ、というか、2つ位もっておきますと、1年を通じ て使えます。夏場、特に放湿が速いですから靴擦れもで きにくいですので、諦めてこれも買ってください。

パンツ−
パンツ(ズボン)も、基本的には化繊のものをおすすめ しますが、積雪がない場所でしたら綿のものでも構いま せん。できれば化繊のものを手に入れたほうが良いでしょう。
トップス−
上は、内側(下着)ー中間(保温層)−外側(防風防湿層) とわけて考えます。ただ、低山の場合、ほとんど外側が 必要になることはありません。

恐らく、夏用の、ダクロンQDなどの素材の半袖Tシャツ はお持ちだと思います。僕の場合は、これが一番下で、そ の上に、(できれば化繊の)シャツ。これが内側になりま す。その上に、フリースが中間にきます。もし、外側が必 要な状況であれば、ゴアテックスもしくは同等素材の雨具 が一番良いと思います。

手袋・帽子−
耳と手は、低山といえどもかなり冷えますので、使うか使 わないかは別にしても、必ず持っていきたいものの1つで す。僕の場合、フリースの手袋とオーバーグローブ をもっていっております。但し、積雪がなければオーバー グローブが必要になることはありません。
帽子は、一般的な毛糸の帽子で大丈夫です。

軽アイゼン−
山頂付近の樹林帯に若干積雪があって、それが日陰で凍っ ていたりすることも考えられるので、冬場、(関東で) 800m内外以上の山に登るようでしたら、積雪がないよ うに見えても、軽アイゼンは必ず持っていきたい。 特に積雪期よりも残雪期の締まった雪は凍って滑りやすく なることが多いようなので、この時期は軽アイゼンは必携 だ。
前爪つきの12本爪のものの方が歩きやすいので、はじめ から雪歩きが長いであろうことが予想されるようなら4本 のものではなく、少々大袈裟と思っても前爪つきのアイゼ ンの方を持っていった方が良い。
大抵冬山に入ろう、と思った時点で、もう手遅れというか、 いくところまで行くのが普通ですから、8本とか、あまり 中途半端なものは基本的におすすめしません。はじめから 前爪つきのものを買った方が賢明だと思います。
テルモス−
とい一般的に山ヤではいわれますが、サーモスというステ ンレスないしはチタンでできた魔法瓶のことです。
特に暖かいものが欲しくなることが多いと思うので、紅茶 などが暖かいままのめるのはありがたいと思う。
スパッツ−
雪がとけて土と混じっているようなところを歩きますと、 どうしてもズボンの裾がドロドロになってしまいます。夏 の富士山の砂走りなどで使う方が多いあれですが、冬場は 少し長めのものが良いと思う。
ツェルト−
夏でももっている方が多いと思いますが、非常用シェルター のツェルトは、冬場は休憩時にもつかえる頼もしいやつです。 2000m近い山に登るつもりなら、絶対に持っておいたほうがいい。 設営時には、できるだけ空気を溜め込むように張るのがポイントです。

(2015.5.7 13:39)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net