サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   

雨の日の幕営

雨の日の幕営はイヤですね。といいますか、僕はあまり雨の日にあた らないもので、なかなか雨の日ノウハウがたまりません。おこられま すね(爆)

さて、雨の日の幕営ですけれども、基本はいかに装備を濡らさないか、 にかかっていると思います。

(1)設営

 設営時には当然ザックを下ろすわけですが、無神経に置いてしまうと 泥汚れがついてしまいますので、下が土の場合は、背中と接する面はで きるだけ地べたにつけないようにします。じゃあ、背面を上にすればい いか、というと、背面を上にしたら今度は背面から水が染み込んでしま います。
もし石があれば、そこに背面を下にして立てかけておくのがベストです が、それも叶わないような幕場の場合、ザックは脛(すね)に立てかけ て、素早く荷物の中からテントだけ取り出したら、再び背負って、その 状態で設営すれば濡れるのが最小限で済みます。足の甲の上に荷物を置 くようにすれば、ザックの底部も汚れません。
普通のテントの場合、フライシートとインナーがありますが、まずはフ ライを取り出しまして、広げてしまいます。そして、その下にインナー を入れるようにすれば、インナーが激しく濡れることはありません。あ とはフライの下にもぐりこんでポールを組めばいいわけです。但し、風 も強いときはこの方法では厳しいですので、先にフライだけペグで固定 してしまうか、もしくは濡れるのを覚悟で素早く張るか、どちらかの方 法になることでしょう。フライとインナーが1つのスタッフバッグに入っ ているテントはできればインナーを先に入れて、フライを後から入れる ようにしておけば、先にフライが取り出せますのでこの方法が取れます。 僕は両方ともまとめて入れておくのですが。
フライとインナーは、間に空気の層ができるように設計されているはず ですが、いい加減に張るとフライとインナーがくっついてしまいます。 天候が良いときはこれで問題がありませんが、雨の時は結露の原因にな るのでこの空間がきちんと確保できるよう、しっかりと張るのがポイン トです。
設営場所は、当然のことながら崖崩れや木が倒れてきたりしない場所で、 水の通り道ではない、できるだけ水はけのよい場所が賢明です。朝起き たら池の中にテントが張られていた、なんていうことは、僕はありませ んが、よくある話です。

(2)入室

テント内に雨を持ち込んでしまわないようにするのが基本です。雨の具 合にもよりますが、雨具はフライの中(前室)で脱いで、そこで水気を 払ってしまいます。中へ入れるかどうかは人それぞれですけど、僕は雨 具もテント内へ入れてしまいますので、できるだけ水気を払っておかな いとテント内が水びたしになってしまいます。
あまり気温が低くなく、しかも小降りなら、前室で脱ぐのは狭くて大変 ですから、外で脱いでしまってもいいでしょう。

(3)荷物を広げる前に・・・・

テント内で荷物を広げる前に、テント内の水気をできるだけ払っておき ます。多分、雨の中でテントを張れば、できるだけ避けたとしても底に 多少の水は溜まっていることでしょう。これをシュラフや靴下などで吸っ てしまうと翌日がつらい。しかも下手にその水が蒸発されると結露した り、濡れものが乾燥しなかったりしますので、できるだけこの水をふき 取って外へ出してあげます。荷物を広げるのはそれからです。

(4)濡れ物を干す

当然ですが、翌日使う濡れ物を干さないといけません。で、干すわけで すが、まず「干す」ということのメカニズムを思い出してみます。何を バカなことを言っているんだって?まあ、それは場末のサイトですから、 明日からサイトの名前も「場末のホームページ」に変えようかと思って いるくらいで(笑)
冗談はさておき、「干す」ということは、濡れたものの水分が、空気中 へ蒸発させる、という行為です。ということは、逆に考えると、空気中 に水分が逃げるだけ空気が乾いている必要がある。ところが、外は雨。 簡単には蒸発してくれません。従って、ここで知恵を働かせる必要があ るのです。具体的には、

 1)まずはしっかりと絞る
 2)常時空気を入れ替えて空気が水蒸気で飽和しないようにする
 3)温め・・・

という具合になります。しっかり絞った上で細引(細いロープのこと) に吊るし、テント内でろうそくなどで温めて、水分の飽和量をふやし てあげます。このとき、しっかり吊るしておかないと、ただ単にひっ かけただけでは何かの拍子に火の上に化繊の服が落ちて、カッコいい 花火(謎)が見られます。


濡れ具合が酷い服などは、着干しという方法をとります。要するに着 て乾かすことです。袖口などが濡れやすいですが、まずしっかり絞っ た上で、濡れた服を着ます。ひぃぃぃー!!
あんまり気持ちのいいものではないですけど、そこは諦めてもらって、 着てもらうと大抵は翌朝には乾いているものです。

(5)撤収

もう、朝から雨なんて、最低ですね。でも、いつまでも寝ているわけ にはいきません。
雨の日の撤収の場合には、まずテント以外の荷物を全部ザックに片付 けます。特にシュラフはビニール袋などに入れて、しっかりと防水す ること。そして、雨具を着込んで、準備OK!となったら、あとはス ピードが命。とにかくわたわたとテントをスタッフバッグに詰め込ん で出発です。
もし、朝は晴れている場合、早立ちでなければテントをひっくり返し て干したほうがいいでしょう。まず、テントを開け放ち、中を乾燥さ せます。もしテントのフライが乾いているようならその上にシュラフ を載せてシュラフや、濡れた衣類などを乾燥させます。フライが濡れ ている場合は、はたくかふき取るかすればいいですが、無理に乾かす 必要はありません。乾かすのは次の天場についてからでもできます。
その上で、フライをたたみ、インナーはひっくり返して裏面も乾燥さ せます。最後はテント内のゴミを払ってフレームをたたみ、元通りス タッフバッグに詰めて撤収が完了です。雨に降られたときは、自宅に 戻ったら必ずスタッフバッグから取り出して、もう1度よく乾かすよ うにしよう。でないと、テントがカビ臭くなってしまいます。

(6)おまけ

幕営前にトイレに行っておくことをおすすめします。雨の日は外へ出るのも億劫になります。

(2015.5.7 13:39)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net