サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

   

前日はパスタを食え

★前日はパスタを食え
★前日はさっさと寝る。トレーニングは3日くらい休む
★夜行バスは寝たもの勝ち


★前日はパスタを食え

★前日はパスタを食え
★持ち物にはチョコレートを入れとけ

まあ、おまじないです。人間のカラダには、2つのエネルギー源が蓄えられています。 いわく、糖質と脂質。

登山で主に使われるエネルギーは脂質ですが、脂質はエネルギー量が小さく、なおかつ 燃えにくいという性質を持っています。ですから、脂質を燃やすためには、少しばかり たきつけが要る。それが糖質です。糖質はエネルギーの力は強いのですが、体の中には あまり蓄えられていません。有酸素運動慣れした人でも2,3時間あれば使い果たしま す。たとえばしょっぱなからオーバーペースだったりして、使い方がうまくないとそれ より短い時間であっという間になくなってしまいます。糖質が切れると、脂質が燃えな い=エネルギーがあがってこない=糖質のかわりに筋肉を溶かして脂質を燃やそうとす る、という循環になります。やってくるのは非常にキツい無駄な筋肉痛。

で、冒頭の言葉に戻るのですが、パスタ(スパゲティなど)は非常に質の良い糖質で、 筋肉の中に蓄えられやすい性質を持っています。まず、登りはじめるときにいっぱい 糖質を筋肉に蓄えてやろう、ということです(カーボローディングといいます。パス タによるカーボローディングはホノルルマラソンなどでも実績のある方法です)

パスタが嫌いな人は無理に食べなくていいから、ごはんやパンを多めに食べておけば いいでしょう。


そして、行動中失った糖質を補給するものが手元にあればいい。手ごろなのがチョコ レートです。昔は飴でも良かったのですが、今は飴はノーカロリーのものがほとんど です。糖質の補給にならないので、糖分を含んだものを選んでください。
ごはん、おにぎりの類は、でんぷん質なので、食事から糖分になるまでは2〜3時間 はかかります。遅効性なのです。砂糖系は直接糖分なので効果も早いです。でも、疲 れきる前にチョコチョコかじりながら行くと、理想的な効果を得られるでしょう。
あと、この項には関係ないけど、持ち物の中に塩気のある物をいれとくといいです。塩気のあるものはかならずほしくなるから。

写真
御殿場口2合目付近 2月

★前日はさっさと寝る。トレーニングは3日くらい休む

本番の前に何かしらトレーニングしている人は、トレーニング疲れのまま富士山行き にならないように、登山3日前くらいから休養に入ります。
あと、睡眠不足は体力の3割を奪います。夜行でいくのであれば、1時間でも30分 でも、寝ておくのが安全です。

写真
御殿場口二つ塚付近 2月


★夜行バスは寝たもの勝ち

夜行バスは寝られる人と寝られない人といて、僕は寝られない方なのですが、とにかく 寝た者勝ちです。アイマスク、ピロー、耳栓などを駆使して、目的地まで1時間でも余 計に寝ておきましょう。ちなみに、夜行バスで使った登山に必要ないアイテムは5合目 に預けていくといいです。重いからね。

写真
天気の悪い日もある。富士宮口9合5勺付近


(2015.5.8 7:8)(by script)

(2015.5.8 9:1)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net