サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

   

元旦の富士山と初日の出

富士山と初日の出。まさに日本人の心ですね(笑)


さて、残念ながら、元旦は冬でして、一部の技術がある人以外は富士山の山頂で初日の出を見ることはできません。しかし、富士山の周辺の山から、富士山と登る朝日を見ることは、意外と簡単にできます。

さて、富士山を見ることができる山、というのは、それこそ山ほどあるのですが、もう少し仔細に検討してみましょう。
1月1日は、下の図の位置から太陽が上がります。太陽が上がる場所の丁度反対側ではダイヤ富士が見られますが、その位置はというと、竜ヶ岳と木曽駒が岳に当たります。

さて、木曽駒が岳は、富士山本峰に登るのと同じ位大変ですのでここでは割愛しまして、今回は竜ヶ岳を紹介したいと思います。以前は別の意味で登山が難しい(登山道がついていなかった)山でしたが、2000年の辰年にちなんで登山道がつけられ、一般の人でも登り易くなりました。1月1日、この山頂からは7時50分頃に富士山の山頂から太陽が上がってきます。

場所

竜ヶ岳

(山梨百名山)
難易度 ★ 登り2時間半 おすすめ度 ★★ 
登山適期 8月 ○ 9月 ○ 10月中頃まで ◎ 冬 ◎ 山梨県上九一色村
竜ヶ岳は本栖湖のそばにある決して大きくない山。しかし、ここの山頂からは1月1日にダイヤモンド富士が見られると言う事も あり、とくに新年は人気の山だ。 勿論僕も1月1日の夜明けにあわせて登ってきたのだが、見事な好天に恵まれ、富士山の山頂から登る朝日を見ることがで きた。 また、対斜面からは南アルプスを一望できる素晴らしい場所だ。 登山道が新たに開かれて間もない山なのでご存知ない方も多いと思うが、ぜひ1度行ってみたい山の1つだ。

(2015.5.8 7:8)(by script)

(2015.5.8 9:1)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net