サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   

台風の直前直後は登れるか

富士山は高いところなので、かなり遠くの台風でも影響を受けます。雨は勿論のこと、とくに風が強いと登れない可能性が高くなります。
これはかなり適当な言い方ですが、台風の直前は基本的にやめといた方がいい。だいたい強風域が名古屋、奈良あたりにかかったらもうダメだと考えていいと思います。つまり、1泊2日でいくとしたら、出発するときに九州あたりに台風がいたら、もうムリだと思っておくのが安全だと思う。沖縄の南の方の島あたりにいれば、富士山が台風の影響下に入る前に下山してくることはできると思います。

僕が台風の直後に、mixiで、登ってもOK、登れないだろう、と(下界から)言うとき、かなりいろいろな資料を見ていますが、その中でも一番重要視しているのは、気象庁のウィンドプロファイラです。
http://www.jma.go.jp/jp/windpro/47640_table.html

これは上空の風速を示すもので、横軸の3キロの所がおおむね8合目の風速と、4キロのところが山頂の風速とほぼ一緒と考えていいと思います。台風が過ぎ去っても、この風速が20mをこえていたら登るのはかなり困難です。30mをこえたら空を飛べます。10m以下なら登れると考えていいでしょう。だから、台風が過ぎ去って、ウィンドプロファイラの数字が10mを切るようになったのを確認してでかければいい。
では、10〜20mの間だったらどうなのか。さあね。人によって違うし、僕は知らないよ。現地までいってみて、登れそうなら登ってみるとかいう手もあるよな。台風の中心が富士山より東にあれば、あとは天気は回復するだけだから、現地へいってみて大丈夫そうなら登ればいいし、ダメそうなら何時間か待機しているうちに回復してくる可能性もある。

天気は移り変わるもの。昼頃ウィンドプロファイラをチェックしても、登りはじめる夜にはまた変わることもあるし、翌朝になればまた違う。そこまで読み解けた上で登れるか登れないかを言い当てられれば、ベテラン登山者の仲間入りです。

写真
産屋ヶ崎からの富士山 8月

(2015.5.8 7:10)(by script)

(2015.5.8 9:1)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net