サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   

もっとトレーニング


(足腰を鍛えるためにチャレンジしたい、の返答)

50歳60歳くらいで、(荷物の重さの違いはあるにしても) 僕なんかよりずっと元気に歩いている人は一杯おりますが、大抵 は彼等は春秋、場合によっては冬でさえも!僕なんか呆れるくら い毎週のように、山に通っているんですね。ほんとその熱心さに は頭が下がる思いです。

さて、トレーニングですが、トレーニングというのは、「疲労+ 効果=一定」という法則があります。どういうことかというと、 疲れれば疲れるほど効果は上がらない。これは本当です。

適正な負荷の(重要)トレーニングをはじめます。はじめのうち は「疲労>効果」ですが、これをある程度の頻度である程度の期 間続けていると、ほとんど疲労は感じなくなります。つまり、だ んだんと「疲労<効果」の段階になるのです。やがて体がその負 荷に慣れると再び効果が上がらない時期(プラトーというらしい) がやってきます。
難しいのは「適正」ですが、多分最初は少し汗ばむ程度、ドキド キする程度、という処方をされることが多いと思います。実際こ の位で充分効果はあがりますし、この位でも結構15分なり30 分なり運動を続けるのは、はじめはかなり辛いはずです。

要するに、トレーニングというのは、「適正な負荷で」「頻繁に」 「継続」しないと効果がありません。そして、過大な負荷、とい うのは、特に年をとってくればくるほど、体を壊すことにしかつ ながりません。たった1度の富士登山で体を鍛えるのは、鍛えると いうよりも、単に体を壊すことにしかならないでしょう。

富士山、登れたにせよ、登れなかったにせよ、これをきっかけに 運動を生活の中に取り入れられると良いと思います。僕も富士山 がきっかけで生活が変化した1人ですし、それ故今は10年前よ りもはるかに体力があると思っております。

僕は28日でも30日でも9月でもいつでもいけますけど、小屋 泊まりだけは勘弁してもらいたいので、そのへんの折り合いがつ けばご連絡ください。

IMGP2153.jpg
9合目の山小屋

(2015.5.8 7:10)(by script)

(2015.5.8 9:2)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net