サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

   

金剛杖とストック

ダブルストックは有効か、という話をすると、有効です。それも、かなり有効と考えていいと 思います。正しく使えれば、場合によっては登頂を左右することがある、かもしれない。
登りはともかくとして、富士宮口と吉田口の下りは格段に楽になる。(須走と御殿場の下りは、 砂走りが長いからあまりストックは生かせないと思います)

ストックは、登山用品の店でレキとか2本買うと2万円くらい出ていっちゃいます。2万円ま で出す価値はないけど、3千円くらいで買えるようなら、買っておいても悪くない。アウトドア 系のお店で安いブランドなら、おそらく2本で3千円くらいで買えると思う。

ストックの1本使いと2本使いでは、1本より2本の方が3倍くらい効果があると考えていいと 思います。両手がふさがるから…とか、あと1本で使う金剛杖の代わりと考えると1本がいいか な、と思われるかもしれませんが、金剛杖とストックは使い方がかなり違うので、通常は2本で 使ったほうがいいでしょう。(という僕は片手に三脚持つので、1本使いです)

で、使い方のポイントとしては、まず、長さを調整すること。普通に構えて、ひじが直角に曲が る程度の長さに調整する(=のぼりでは短め、下りでは長めにする)
なので、スキー用のストックは、僕的には(長さが調節できないから)形状が似ていてもおすす めしづらいと思います。まあ、手元に長さが許容範囲に入るスキー用のストックがあれば、それ を使うのも1つの手ではあります

でもって、ストックはバランスを取る補助だから、体重を全部あずけない。それが、体重を預 けるようにして使う金剛杖と違うところ。金剛杖はグリップがないので、7時間使い続けるには 結構握力が必要と思います。いかにも登山らしいけど、でも、金剛杖は登山に特化したアイテム ではない、と考えていい。手ぶらよりは楽で、しかも押してもらう焼印が記念になる、という楽 しみがあるので、金剛杖で登るつもりなら僕は止めはしません。両手をあけておくよりは断然お すすめです。

ストックの先端は鋭利な凶器ですので、電車やバスに乗る際にはくれぐれも注意して、むきだし のままで人ごみの中に入ったりしないでください。カバーをかけるか、先端をザックの中にしまっ て隠してしまうか、なりするようお願いします。

ちなみに、金剛杖の角の数は、富士山の山頂のピークの数からきているらしいです。

ちなみに、おみやげ用の短い金剛杖も売っているそうです。歩くにはストック を使うけど、焼印はほしい、という人は短い金剛杖を買うという手もあります。さらにもっと余 談なのですが、登山口によっては焼印の数が多すぎて短い金剛杖では焼印を押し切れない、とい う場合もあるそうなので、まあそのへんは個人の判断でお願いします。

写真
大沢崩れと紅葉 10月

(2015.5.8 7:10)(by script)

(2015.5.8 9:2)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net