サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   

可能性の高いスケジュールを考える

★可能性の高いスケジュールを考える


空気の澄んだときであれば、僕の家からは富士山が見える。
従って、天気予報どころか、富士山の方角を見て晴れているかどうか 見て、出かけるかどうか決めればいい。

しかし、世の中にはそういった地理的に富士登山に恵まれた所に住ん でいない人もいる。1ヶ月も前から飛行機を予約して、週間天気で雨 に当たっても、もう日程を動かすことができない。キャンセルもきか ないし、行っても登れない。八方ふさがりになってしまう人の声を、 例年何度も聞くものである。

富士登山のシーズンは7月と8月だが、この間の天気は一様ではない。 個々の日付を見て、この日が晴れとか雨とか、当たるも八卦当たらぬ も八卦な話をするワケではないが、ある程度天候にも傾向がある。そ れを踏まえたうえで、「確率的に高い」ところを探ってみよう。

一般的に、関東地方の梅雨は7月20日前後に明け、梅雨が明けてだ いたい10日間くらいは「梅雨明け10日」と呼ばれ天気が安定する ことになっている。そう、意外かもしれないが、7月の大半は梅雨な のである。

梅雨に入るとき(6月20日前後)ははっきりとした雨だが、入った 後は意外と晴れも多いと感じている。梅雨の中頃はじとじと雨で天気 には恵まれない日が多いが、登頂という意味でいえば、 梅雨の雨は登頂を拒むものではないと僕は思っている。だが、別項で 書くが、7月頭は僕はあまりおすすめしたくない。
梅雨が明ける直前というのは、たいてい集中豪雨がくるものである。 そして、この頃に一発目の台風がくる、ことが多い。日本付近に停滞 した梅雨前線を何か動かすエネルギーがないと、梅雨は明けてくれな い。

このことから考えると、7月の海の日というのは、意外とギャンブル になると僕は感じている。まさに海の日に梅雨が明けた年もあるが、 梅雨があけずに台風が直撃した年もあった。僕は海の日の連休は負け 組で、あまりいい思い出がない。

7月のどんづまり、8月1日前後は僕は比較的天候が安定しやすいと 思っている。7月の20日頃梅雨が明けても7末までは「梅雨明け10 日」でぎりぎりもちそうだし、梅雨が伸びて7末ぎりぎりまで持ち込 んでもどんづまりなら梅雨明け10日にかかる。ただ、03年や07年の ように梅雨が8月までかかってしまうと、この時期にひどい目にあう 可能性も否定できない。
予約が1ヶ月先ではなくて、1週間先なのであれば、梅雨があけてか ら梅雨明け発表がされるまでの間に予約を確保するという手もある。 週間天気予報に雨マークが全くなくなれば、1週間先もまず登れない ほどの豪雨になることはあるまい。

7月の1〜10日頃は、僕は意外とねらい目なのではないかと思う。 晴れることは期待できないが、登れないような暴風雨にたたられるこ とはあまりないと思う。ただ、この時期は年によって登山道が雪に覆 われて山頂まで登れない可能性もある。
富士山の積雪は4月が一番多い。多くて、あとは減るだけである。こ の減り具合と天気の推移によって、5末くらいには登山道があくかど うかは、かなり高い確率で予想がつく。
もう少し考えてみると、(よほど積雪が酷くなければ)吉田口は雪か きをする。吉田口で雪かきをするから、須走口と吉田口は登れて、富 士宮口では登れない、ということがある。07年と09年がそうだった。吉田口 でもダメだった年も実際にないことはないが、吉田口ならまず大丈夫 と考えていいだろう。7月1日に山頂へ行くつもりなら、富士宮口よ りは吉田口の方が可能性が高いことになる。

8月は天気は安定傾向だと思うのだが、台風が当たるのと、午後にな ると雷が鳴り始めるようになる。1ヶ月も前から台風を当てるのは至 難だが、午後、4時〜5時くらいが一番危ないかなあ。この時間に歩 くのは避けるようなスケジュールにした方がいいだろう。
お盆の時期にはもう秋風が吹き始める。関東では空が高くなり、すっ きり晴れる日が多い。しかし、15日以降は台風にあたりやすくなる。

僕は8月の最終週や9月の最初の週を狙うのだが、やはりこの時期は 台風との駆け引きだろうと思う。秋空が入ったりすると夏山とは思え ない展望になるが、台風が入れば全く登れないギャンブルになる。


これは当然なのだが、時期による天気の傾向と確率を言うことはでき るが、特定のその日の天気を1ヶ月も前から言い当てることなんかで きない。1ヶ月どころか3日先だって怪しいのである。

ということで、結論としては、1シーズンで確実に登るつもりなら、 1点に絞るよりは2点以上に張る。天気の傾向の違う2つ(以上)の 時期を確保しておいて、できるだけキャンセルがきく方法を採るのが いいという、当たり前の結論に至るわけだ。

写真
吉田口8合目付近から山頂を見る

(2015.5.8 7:8)(by script)

(2015.5.8 9:1)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net