サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

   

ウェアリング(無雪期)


冬山でもない限り、山をやるのに専用の服が必要なわけではないのですが、やっぱり専用の服の方が快適なのは事実です。

どうして専用のものが必要なのか、といいますと、山用のウェア、というのは、かいた汗を空気中に放出する能力がきわめて高い。ちょっと汗をかくような運動をしますと、服から上がる蒸気で目の前が曇るほど水分を空気中に放出するんですね。で、綿のように服が汗を吸う構造のものは、行動中はいいのですが、止まると冷える。夏山なら寒い(というか、涼しいこともありますが)だけで済みますが、冬山なら体温を維持できなくなって凍死します。笑い事ではなくて、下着が生死をわけたケース、というのは、実は(山岳遭難に限りませんが)何件もあるのです。

化繊のものなら、止まっても冷え込むことはないですし、服の方は汗を保持しないんで、サラッと快適(なんか違うモノのCMみたいだなあ)
長期縦走で、沢の水でちょっと洗濯といっても、綿のものではなかなか乾きませんが、山用のものならすぐ乾く、という長所もあります。
勿論、安いものではないですし、冬山でもない限りどうしても必要なものではないのですが、日常着るものと共用だと考えればそんなに高い、というわけではありません。逆に、僕なんかは夏は下界でも綿のTシャツは汗かいて濡れちゃったりするのがイヤなんで、もう化繊のTシャツは手放せません。
よく、着るものでは下着が重要、といいますが、それはあくまでも冬山の場合であって、夏の高山/春〜秋の低山の場合には、下着といっても、通常はパンツ(と、女性の場合ブラ)だけで、あんまりアンダーウェアとしてのシャツを着ることはまずない。ないってば。やってみい。そんなことしたら暑くて死にそうだから。

(最初の一枚)

従って、山用のウェアを手に入れるにあたって、最初の1枚には、僕はTシャツをお勧めします。というのは、Tシャツというのは、とっても応用範囲が広くて、たとえば夏の高山でも日中はTシャツ1枚で過ごせるし、Tシャツの上に1枚、薄手のシャツ(これは綿でも構わないし、化繊ならもっと快適)を羽織れば、春〜秋の中級山岳もこなせる。その上に薄手のフリースを着れば、冬の低山も、という具合に、Tシャツ1枚だけでこれだけ快適に過ごせる。
ちなみに、高い、もしくはデザインがイマイチ、と思ったら、ユニクロへいってください。ユニクロのドライTシャツは結構山ヤさんでも使っている人が一杯いて評判もいいですので、これであれば安心と思います。
さて、Tシャツは買った。次は?次は、化繊の靴下がいいです。化繊の靴下は、要するに汗をうまく放出するので、水分と熱によって発生する「靴ずれ」が起きにくい。厚さも丁度登山靴向きに作ってありますから、重ねばきしたりする必要もない。比較的他のウェアに比べて化繊の靴下は安い(1000円程度)ので、手を出しやすい、ということも言えるとおもいます。

(ウェアリング)

基本的には、薄着の方がいいです。汗をかくということは、エネルギーと水分と、場合によっては塩分を余計に消費するということ。服が水分を保持するということは、水分で服が重くなる、ということもあるし、それだけ不快でもあるし、無駄に体温が上がるということでもあります。これは、化繊の場合でも全くおなじでして、確かに化繊の場合は汗をかくようなシチュエーションでもわりと快適ではあるのですが、それとて体に負担がかかっていることには変わりがない。とくに冬場なんか、スタート時は肌寒い位で丁度いいですから、まめに脱ぎ着して調節をはかると良いでしょう。
ただ、逆にヤブなんかが出ている場合や、日差しが強い場合、あまり肌を露出させない方がよいかと思います。そういう点からいっても、(素材の別はともかくとして)薄手の長袖はあると便利なのではないかと思います。
下は、ジーンズはやめてください。ジーンズは汗を吸って重くなり、足にまとわりつきますので歩きづらいかと思います。

(汗の行き先)

当然、かいた汗、というのは、空気中に放出されるわけですが、そのことをレイヤードのときに忘れてしまうと、悲惨な目にあいます。というのは、たとえば、Tシャツは湿気を放出する力が強いけど、その上に蒸気を通さないビニールの雨具を着たりすると、Tシャツと雨具の間で、行き場をうしなった蒸気が冷えて水に戻り、結露します。従って、上に重ね着するものは、必ず透湿性(か吸湿性)のある素材でないと、服の内部が濡れてしまいます。

(Tシャツ)
写真 左のものは、化学素材のTシャツ。ダクロンQDなどが有名ですが、Tシャツはとにかく1枚あるだけで便利。値段のほうは2000〜高くても4000円内外だ。
アウトドアショップでも綿のTシャツも置いている場合が多い(オートキャンプの類なら格好だけアウトドアっぽければ化繊のものは必要ない)ので、必ず素材を確認して買う。登山屋なら安心だろう。

因みに、左のものは南アで落としてしまいました。買ったばかりだったのですが・・・・

(下着)

写真 下着の類。
靴下は解説したとおり。長袖の上下は寝巻にも使える。短い下は秋〜春用。
よほど冷え性でもない限り、長袖の方が必要になることはないのではないかと思うが、冷え性の場合には温めればいいってもんではないのでまず体質の改善をされる方が良いかと思う。

(ボトム)

写真 僕はクライミングパンツを使ってます。山で一番見かけるのが、クライミングパンツか、登山用のスラックスの人でしょう。最近はあまりニッカーの人はいなくなりました。ニッカー自体あまり手に入らなくなりつつありますし、それにあわせる靴下が、もっと手に入りにくいのだそうです。
冬は裏地付のものを使いますが、これに下着が必要な状況、というのはまずないですねー。というか、そんなところへ入るような技術は僕にはありません。
最近はCW−X(もしくはバイオテックスでも構いませんが、要するにサポートタイツ)とショートパンツ、というスタイルの人が増えています。ひざや筋肉への効果は別項で書きますが、このスタイルは涼しくて軽快だし、足上げがズボンよりもスムーズでいいと思います。このスタイルにチャレンジしてみようか、と思っている人は僕がちょっと背中を押しましょう。ただ、サポートタイツはアウターに使うと消耗品になってしまいます。木の枝などにひっかけて穴をあけたりしないよう十分ご注意ください。




〜僕の場合の実際例〜


少し観念的だったので、もう少し具体例を見ていきたいと思います。


私の持っているのは、
  1。半袖Tシャツ
  2。夏用の薄手のカッターシャツ
  3。春秋用の少し厚手のカッターシャツ
  4。トランクス
  5。長袖シャツ(下着)、タイツ
  6。目出帽
  7。フリース
  8。アルパインジャケット・アルパインパンツ
  9。夏用クライミングパンツ
  10。冬用クライミングパンツ
  11。靴下
  12。雨具

です。これを、状況別に組み合わせてみると、

 春先の残雪期の登山で、積雪が確実視される場合ですと、
   上 = 1+3  下 = 4+10+11 持っていく = 5+7+12

 同じく春先の登山で、積雪がないであろう場所(5月の雲取山など)でしたら、
   上 = 1+3  下 = 4+9+11 持っていく=5+7+12

 夏場の登山で、3000m級の稜線に上がる場合でしたら、
   上 = 1+2  下 = 9+11 持っていく=5+7+12

 同じく夏場で、2000m級の場合
   上 = 1 下 = 9+11 持っていく=2+5+7+12

 秋口の登山で、3000m乃至2500m級の場合
   上 = 1+3 下 =9+11 持っていく=5+7+12

 冬の低山ハイクで、1000m内外の場合
   上 = 1+3+7 下=4+10+11(+天候により12) 持っていく=5+7+12

 冬の初級登山で、1500m〜2000mクラスの場合
   上 = 5+3+7 下=5+10+11 持っていく=6+8

という具合になります。

(2015.5.7 14:1)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net