サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

   

シュラフ

必要度
テント泊・避難小屋泊の場合のみ必要。
道具選びの重要性 ★★★
季節や山の標高によって使い分ける。
対応温度が高すぎると寒くて寝られず、低すぎると寝苦しい。
この道具が必要な山行 テント泊・避難小屋泊
予算 夏用・3季用の羽毛品で2万〜3万、冬用でも3万〜4万出せばそこそこのものが買えると思います。いいものは青天井

(シュラフ、寝袋)

テント泊、と、いえば、やはりシュラフ。もぞもそと這い出して、最高の朝焼けを見るのはまた楽しみだが、朝ピッカリは大抵長続きしないのが、若干の憂鬱。テント泊には必携ですけど、他人のテントに泊まらせてもらう場合にも必要ですし、それ以外にも一部の避難小屋泊にも必要なので、シュラフはテントと同時か、それよりも早く購入することになると思います。

(封筒型か、マミー型か)

シュラフ、というと、四角いやつと、人型のやつがありますが、一般的にオートキャンプで使われている封筒型のシュラフは、山には向きません。確かに布団とあまり感覚が違わず、寝やすいのですが、重い(調べたんです。3季用で4kg近いのがありました。それって、布団?)のと、どうしても開口部が大きい分保温性が低くなってしまいがちです。オートキャンプ用の封筒型シュラフは、基本的に山用にはならない、と考えてください。

(化繊か、羽毛か)

一昔前ならともかくとして、これから買われる縦走派な人には断然羽毛をおすすめしたいです。モンベル(http://www.montbell.jp/)やイスカ(http://www.isuka.co.jp/)あたりで扱っているものであれば、今は2万5千円も出せば夏山で満足行くシュラフは手に入ります。化繊のものでも1万円は切らないと思いますから、よほど学生さんや沢登りでもない限りは化繊のものは薦めにくい、ある意味いい時代になりました。

羽毛のシュラフですと、軽量でコンパクトであるというメリット以外に、片付けが早い、というメリットもあります。羽毛のシュラフは化繊のように折りたたむ必要がなく(というか、折りたたんではいけない)スタッフバッグに端から詰めていけばOKなので暗がりでも簡単に片付きます。また、同じ対応温度のシュラフであれば、快適に寝られる温度は化繊より羽毛の方が広いのが普通です。
一方、羽毛のものは、一旦ぬらしてしまうと、山行中に乾かすのは絶望的です。濡らしてはいけない。

大きさは、下の写真を見てもらえばわかるとおりザックの3〜5Lを左右する位大きさが違うんで、一回り小さいザックで山へ行ける(場合によっては新しいザックを買わずに済むかもしれないし、そうでなくとも1サイズ小さいザックで山へいけるのだから、その分の軽量化も大きい。また大きさ分値段の安いザックが使える)

左が羽毛、右が化繊。ともに3シーズン用のシュラフ。化繊のものがおよそマイナス6度まで、羽毛ものはマイナス10度まで対応なので、性能的には若干羽毛のほうが良いのに、サイズは逆に化繊のほうがだいぶ大きくなってしまう。但し、羽毛モノの方が若干対応身長が短いので、その分は差し引いて見る必要はある。
サイズ的重量的には、まちがいなく羽毛の方が有利。シュラフ自体の重量差もあるが、シュラフの体積が小さいと、ザックを一回り小さいものにすることができるので、そこでまた少し重量を削ることができる。
マイナス10度以下、つまり、冬季対応のものは、羽毛の独断場。
沢登りの場合には、濡れに強い化繊の方が有利だといえる。勿論、財布が心もとない場合も、だ。

(温度)

これは、非常に難しいと思います。普通の人は、シュラフを3つも4つも買うわけにはいかないので、対応する温度をかなり絞っていかないといけない。
とりあえず、最初の1つとしておすすめできるのは、「三季用」と呼ばれる、−10度対応(快適使用温度0度)くらいのシュラフです。モンベル ULスパイラルダウンハガー#3、イスカ エアー450あたりが該当します。

僕も10年以上前のモデルですが、公称-10度、というやつをメインで使っています(現代のものよりも若干総重量はあります)が、夏の3000m級(槍の肩の小屋あたり)でまあまあ快適ですし、GWの2500m級(蝶常念、北八ツ、甲武信あたり)もまずまず、秋の涸沢、金峰山は富士見平あたりはバッチリだと思います。盛夏の曇天(晴天の方が夜は冷える)の北沢峠では暑くてシュラフに入れずそのまま寝ました。

なので、従って、下が-10度位のモデルなら、冬以外の時期はほぼ通年で使用できる、と言えると思います。

夏しか使わず、それも2000m前後が主(雲取、甲武信、聖平、小梨平、涸沢、北沢峠…)ということになりますと、もう1つ軽い「夏用」モデル(モンベル#5)でも構わないと思うのですが、ただ、テントやるような人は、ある程度山行の幅も広がるのが普通だと思うんですよ。テント買って、シュラフ買って、槍とか、常念燕あたりも含めて、北アの稜線のテント場には興味ありません、なんて人は聞いたことがない。夏用のを買ったらすぐに三季用のシュラフを買うようになると思うからナア…

羽毛のシュラフ、以前と違ってだいぶ安いですので、夏用、三季用、冬用、と、3つ買うのも1つの手だと思いますし、夏用+ライトウィンター用、の2つで済ます、という手もあると思うんです。ですが、いちおうこのサイト的には、とりあえず1つ目は、三季用を買っとくと長く使えるんじゃないか、とは提言しときます。

たとえば沢登りだとか、UL系の人で、けっこう重量的にシビア、という場合は、夏用からいってもいいかな、という感じだと思います。そういう人は夏の使用頻度が極端に多かったり、もしくは、春秋は「耐え」ちゃったり、あと、着るものでなんとかしちゃうとか、いろいろ手があると思うんです。


問題は冬も山に登る人ですが、冬は3000m級稜線に登っちゃうよ、という人は、どうしても冬用のシュラフが必要なので、もうこれはどうにもなりません。三季用と冬用と両方買ってください。っていうか、そういう人は僕なんかの文章読んでないで、山岳団体でご相談ください。

難しいのは、西丹沢の避難小屋めぐりとか、あとせいぜい雲取山、といった、冬は関東近県の2000m弱クラスの山にしか登らない、という人でして…
昔は、薄手のシュラフを重ねて使う、という手もあったのですが、正直これだけシュラフが安くなってくると、デメリットの方が大きいと思います。素直に冬用のシュラフを買った方がいい。で、羽毛量が問題なのです。#2(相当)にするか、#1(相当)にするか…

んだけど、とりあえずこのサイトでは、1つ目に−10度対応(=#3相当)を推奨した。#2だと、#3とさほど差がないのと、あと、シュラフは「迷ったら1番手暖かいのを選べ」っていうのも鉄則だと思うんですよね。雲取でも2月くらいはけっこう冷え込むので、通年でテントあるいは避難小屋、ということになると、やっぱり−20度がいける、#1相当かなあ、と思います。

登山用のシュラフの重量は三季用で600gを切るものもあり、今時のシュラフなら800g内外。

(ファスナー)

僕が冬用のシュラフを買おうと思ったとき、一番に候補にあがったのがファスナーなしのEL750N、というやつでした。対応温度は−19度までのミドルウィンターモデルです。で、実際に買ったのはEL800というファスナー付のモデル。対応温度は−20度です。
ファスナーがないモデルは、ファスナーから熱が逃げにくいため、その分軽くても保温性が確保できるのですが、ファスナーは出入りのしやすさだけではなく、温度調節のためにも有効だということを忘れてはいけません。ファスナーなしモデルは軽くて保温性が高いけど、その分温度調節の範囲が狭い、と言えると思います。で…どっちがおすすめかというと、ある程度最低気温が読める場所であれば、軽いに勝るものはないと思うんだよね…

(袋)

シュラフの入っていた袋(スタッフバッグ)。これをなくしてしまわないよう注意してください。僕はスタッフバッグとシュラフは離れないよう取り出すたびに袋の方はシュラフの紐に縛っています。テント内ではポケットに入れるようにするのも手ですが、自分のわかりやすい方法で決めておくのが重要ではないかと思います。一旦シュラフから離してしまうと雑多な山道具の中から探し出すのはたいへんな作業を伴うもので、2,3ヶ月ほども出てこなかったことがあります。
丁度良いサイズのものを後から入手するのは難しいと思います。メーカーのほうから取り寄せができるかどうかは調査していませんが、シュラフも袋がなければ本体が元気でも使うことができません。

(コンプレッションバッグ)

シュラフを圧縮して収納するバッグ(コンプレッションバッグ)というのが売られています。僕の手元にも1つあるのですが、…僕は圧倒的にオススメできない物件だと思います。というのは、コンプレッションバッグ自体の重量がけっこうある。わざわざお金出して重量増やすことないと僕は思うんですよ。収納の問題からいえば、ザックを一回り大きいやつにした方がいいと僕は思います。

普通のスタッフバッグに入れた場合 1040g
コンプレッションバッグに入れた場合 1130g位?いちおう計量の範囲外なので参考にしかなりませんが、90gくらい重くなりました。いまどきの夏用シュラフは500gを切り、三季用も600g前後のものもあるので、けっこう90gはバカにできない重量なんですね…

(シュラフカバー)

シュラフカバー、というのは、シュラフが濡れないようにするため/汚れを防ぐためのカバーなのですが、(特に雨天での)ビバークに備えて、日帰りでも持つべきだ、という人もいます。また、小屋泊りの場合使うと汚れた布団に直接接さないとか、夏場の低山であればシュラフをもたずにこれだけでテント泊ができるともいいます。もちろん、シュラフを使う場合にもテント泊のときは必携です。・・・といいますが、1泊2泊程度なら持たなくても良いようです。また、シュラフカバーには、保温効果もありますので、シュラフだけだとちょっと寒いかな、という場合でも、シュラフカバーがあれば万全です。
持っていますが、僕はほとんど使ったことがありません。むしろ、日帰りのときの非常用装備、といった趣です。

(シュラフを持っていくとき)

シュラフを山へ持っていくときは、スタッフバッグの上から、さらにビニール袋で包んでいくといいと思います。そのままだと、ザックの中へ入れといて、雨が降ったりすると水気を吸いやすいですし、濡れたテントなんかと一緒に入れたりするとびしょびしょになってしまいます。一旦濡らしてしまうと、乾かすには相当な労力が必要ですので、行動中はビニール袋に包んでおいて、濡らさないようにしておくのが良いと思います。

(シュラフの保管)

写真 シュラフは、スタッフバッグに入れて押しつぶされたたままだとどうしてもだんだん膨らまなくなってくる、そうだ。(私は試したことがないので伝聞)
従って、風通しの良い場所に膨らませて保管するのが鉄則だ。大事に使えば、5年や10年はちゃんともってくれる。
はみでた羽毛は、押しもどす。引っ張って抜いてしまうと、穴が広がってそこからまた羽毛がでてきてしまうのだそうだ。
ちょっと見づらいが、私の場合は左写真のように、押し入れの中に吊るしてある。風通しが良いかどうかは難しいが、あまり日があたったりせず、また、潰される心配もないので、やはりここが一番良いのでは?袋はなくしてしまいやすいので、シュラフと一緒にハンガーにひっかけてある。
メッシュのストレージバッグ(保管袋)などに入れて、ロフトを確保したまま丸めておく方法もあるが、この場合も保管場所の確保は大変だろう。

洗濯は、風呂(浴槽)と足を使うそうだが、基本的に洗うのは大変ですし、洗ってしまうと羽毛の油も落ちてしまうので、極力汚さないようにしたい。

(2015.5.7 14:1)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net