サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

   

ザック

必要度 ★★★
ないと話にならない
道具選びの重要性 ★★★
容量や機能など、自分にあったものを選ぶ必要がある
この道具が必要な山行 あらゆる山行で必要だが、山行内容によって使い分ける
予算 1万円〜大型ザックで3万円+くらい。

ザック選びのポイントは、僕は以下の通りだと思います

1)一番重要なのは、容量
2)体にフィットするかどうか
3)最後に細かい機能がついているかどうか

(容量)

一般的に、容量の目安としては、

夏山の場合、日帰りなら20〜25L。小屋1泊なら30〜40L、テント1泊/小屋2〜3泊なら45〜60L
春/秋山の場合、日帰りなら30〜35L、小屋1泊なら40〜45L、テント1泊なら55〜65L。
冬山の場合、日帰り35〜45L、テント泊なら60L以上。

と、言われています。

具体的な例をあげますと、夏の富士山なら30L、尾瀬なら25L位、高尾山なら20Lが目安でしょうか。
春秋の雲取山なら、小屋泊で40L、テント泊で60L、という具合になります。冬なら70L。
夏のアルプスめぐり(3泊程度)なら、小屋泊で40L程度、テント泊で65L前後です。




それでは、いろんな山行をする人はどうしているかというと、複数のザックをつかいわけている。ザックは複数買うものなんですね。でも、25Lを買って、30Lを買って、40Lを買って…みたいには、多分していないと思います。なるべくザックの数は少なくしたい。
ザックの場合、大は小をかねると僕は思っています。20Lくらいのザックを春秋の小屋泊りには使えないけど、35Lくらいのザックを夏の日帰りには使うことができる。なので、大きめのものを用意するのがコツだと思います。

最初の1つとして、20Lくらいのザックを買うと、夏はいいですけど秋冬は厳しくなってしまう。すぐに2つ目が必要になってしまうのです。なので、最初の1つ目はすこし大きめのザックを選ぶのがいいと思うんです。

たいていのお店の店員さんは、30Lくらいのザックをはじめてザックにおすすめすると思います。それも間違いではないのですが、僕はもうちょっと大きいものを推奨しています。30Lのザックだと、火器をもって、雨具とツェルトを入れて、長袖の防寒具を1枚いれると、もういっぱいいっぱいなんですね。セーターやフリースとか、あと軽アイゼンなんかを入れるにはちょっと小さい。


僕が一番一般的に1つ目のザックとしておすすめできるのは、40Lくらいのもの。これは、春秋の小屋1泊、冬場の日帰りくらいをこなすことができるサイズです。夏の日帰りには若干大きくてちょっとスカスカになってしまうと思うのですが、さほど違和感はないと思います。ただ、夫婦で登山、とかいうのであれば、火器やツェルトは分担して持てばいいから、1つは35L、1つは30Lくらいでいいと思います。

もしくは、日帰り主体で小屋泊まりはあっても夏場だけかなあ、という感じでしたら、30、35あたりからスタートでもいいかもしれません。

さらに、普段火器は持たないよ、というのであれば、25〜30Lあたりでも…といった感じだと思いますが、正直25も35も、そんなには違わないと思うんですよ。重さにしても、値段にしても。だいたいみんな、山行内容に紆余曲折があって、はじめはまあ夏の日帰りくらいだろうと思ってた人が、けっこう春秋もやるようになって、小屋泊も、冬も、みたいな感じになると思うんです。そういったときに、多少大きめのザックを選んでおくと、使い勝手に懐が深い。そういう意味でも、少し大きめの40Lが、僕はおすすめだと思うわけなんですよ。


どうしても初心者はちいさめを選びがちだと思うんですけど、ザックが小さければ必要な荷物が減るわけではない、ということは忘れてはいけないと思います。容量と荷物の重さは比例しませんし、ザックが小さければ必要な荷物が減る訳ではありません。必要な荷物は重かろうと軽かろうと背負わなければならないのです。むしろ、少し大きめのものの方が、パッキングも楽だと思います。


(ちなみに、具体的な銘柄をあげるとすると、ドイターのフューチュラ プロ 38あたりが1つめのザックとして個人的におすすめかと)


ちなみに、最初に40Lを買ってもらって、あとで、多分20〜25Lくらいのやつは欲しくなるとおもいます。いずれは買うんだと思います。20〜25Lくらいのやつを先に買うと、必要なときに40Lを買わないといけない。40Lが先だと、お金に余裕ができたときに20Lを買えばいい。それは3年後でも5年後でも10年後でもいい。その違いです。


テント泊される方は、2つ目のザックのサイズを悩むわけです。マットを、ウレタンマットをザックの中にいれるのとエアマットにするのと、ウレタンマットをザックの外にくくりつけるのとでだいぶザックの大きさは変わると思うのですが、夏のテント泊のボリュームゾーンは50Lくらいで、うまくやると45Lくらいでもテント泊はできる。秋口で防寒着を1枚余計に持つとすれば55Lか60L。65Lのザックを使っている人は、「1泊には大きすぎるんだよなあ。50Lくらいのやつは使い勝手がよさそうだなあ」といっていますが、これも春秋のことを考えると、50Lよりは少し大きめくらいがいいと思います。



で、僕はどうしているかというと、
おおきいほうから、110L、85L、40+15L、22L。

110L、85Lはテント泊のときに使用しています。
40+15Lは、いちばん使用機会が多くて、小屋泊、火器をもったときや冬場アイゼンを持つ時の日帰りなどに使用しています。夏のテント1泊にもぎりぎり使用できます。
22Lは、火器を持たない時の無雪期の日帰りで使用しています


経験から言って、荷物の3kgはザックのフィット感で取り返せます。18kgの荷物を良質のザックで背負うより、15kgの荷物を劣質のザックで背負うほうが余程重く感じます。ですから、ザックは相応の時間をかけて、自分の体格に最もあったものを(値札を見ずに)選ぶと良いと思います。もちろん、愛着を持てる一品と出会うためには色やデザインも大事ですが、まずはフィット感を最重視してほしいかと思います。そして、絶対に妥協をせず時には何十回となく店に足を運ぶことです。

  目下かちゃんマイブーム中の10Lザック。夏の、装備を厳選した日帰りでしか使えないけど、その分軽量。この位小さいサイズになると山を走る人向けのサイズで、ふつうの一般登山用のザックとしてはおすすめしがたい。


(一気室か、二気室か)

ザックの内部に仕切りがあって上下にわかれているものを二気室、仕切りのないものを一気室のザックといいます。
派閥と好みがあるので、両方が市場に存在するわけです。2気室の方が荷物の整理がしやすいので使いやすいとは思うのですが、日帰りの場合そんなにたくさんの荷物を背負うわけでもないですし、一気室のほうが若干軽量です。どの位のサイズの ザックを選ぶかにもよりますけれど、30L未満くらいだったら一気室のザック、30L以上だったら二気室のザックがよかろうと僕は思います。

  左:2気室のザック。上と下から荷物を取り出すことができる。
右:1気室のザック。上からしか荷物を取り出すことができない。

本題と関係ありませんが、表記上のサイズは左も右も同じ40Lです。ザックの容量の表記の数字はあくまで目安なので、多少の誤差は計算に入れた上で購入されると良いと思います

(色・カタチ)

色は、好みでいいと思います。ただ、地味な色は遭難したときに発見されづらいというので、僕は推奨していません。また、黒はスズメバチに狙われやすい色といいますので、黒はおすすめしないです。

写真 (1)ウエストベルトのないものは、基本的に登山には向きません。デイパックでは、写真のように厚いパッドではなく、薄いベルトであることがありますが、それはOKです。
(2)メッシュ構造になっているものは、ムレにくく快適。
(3)ここで背中の長さを調整できるものもあります。ウエストベルト(1)の中心が、自分の腰骨の上の線にくるよう調整すれば疲れづらくなります。
(4)肩ベルトは、太すぎるものが多いように思います。華奢なのは問題ですが、必要以上に太いのは背負いづらいと思います。それから、肩ベルトはどうしても痛みが早いですから、つけ根のしっかり縫製されているものを選ぶと良いでしょう。
左は95(+15)L,右は40(+15)L。こうして見比べると結構大きさが違います。
ザック自体の重さは50Lクラスなら1.5Kg〜2.0kg前後、70Lクラスだと2.0〜3.0Kg前後。ザック自体の重さは結構馬鹿にならない。あまり軽いものは耐久性が劣る場合があるので要注意。

(1)ピッケルホルダーなどは、使わない人は全く使わないと思う

(2)ディジーチェーン。要するにここにモノをぶらさげるわけなのです。沢登りなどではけっこうぶら下げると思うのですが、縦走ではなるべくザックの外にはものをくくりつけないほうが、ひっかけたり落としたりしなくていいと思います。

(3)僕はここにドリンクボトルを入れているのですが、ザックを背負った状態で取りやすいかどうか、ドリンクを入れるのに十分な容量があるかどうかはチェックする必要があるだろうと思います。

(4)サイドポケット。僕は使いづらいと感じました。三脚やテントポールなんかをサイドに挿すとこのポケットは使えなくなってしまいますし、使えたとしても容量が小さいので何を入れていいか迷うところなのです。

(5)テント泊の人で、なおかつウレタンマットを使う場合は、マットを留めるための紐をかけられるようになっているといいと思います。写真の位置に留めるほか、ザック下部に留める場合、もしくは、ザック中央に縦に留めるなどバリエーションがあるのですが、自分の使い勝手のいい位置に固定できるようになっているかどうか、確認が必要です。

(6)上と下にわかれた、2気室式のザックが便利。テント泊なら、行動中必要になるものは上で、下にはテントやシュラフなど、幕営に必要なものを入れれば、行動中はザックの中をひっかきまわす必要がない。日帰りの場合は炊事道具を上にすれば、食事がスムーズに運ぶ。雨が降ったりしない限りザックの中はひっかきまわさずに済む。1気室式のものは、その分軽量にできているが、パッキングが難しい。上級者向けだ。    

写真 25Lのデイパック。この位の容量だと、夏の低山ハイク位でないとかなり厳しい。使途が限られてしまうので、本格的に山をやるのなら1つ目のザックとしてはおすすめしづらいと思います。日帰りハイキング専門だったら大丈夫かな?でも春〜秋フルに山のぼりをしようと思うと、この大きさではちょっと不安だと思います。

(1)フラップは、濡れた雨具などを挟んでおけるが、開け閉めに余分な手間がかかるのが難点。ディジーチェーン(上の写真の(2)など)や、サイドのベルトなどに括り付けたほうが賢明だろう。日帰りなら、さほどめまぐるしく天候が変わるとも思えず、あまり有効な装備とは思えない。

(2)サイドジッパー式のものは、ファスナーが壊れたとき、中身が全部出てしまう欠点がある。まず壊れないとは思うが、やはり個人的には上の写真のような、アタックザック形式のものの方が、それらしいという点(道具としての愛着的部分)も含めて、おすすめできるような気がするが・・・・

(3)ショップブランドものは、色気がないかわりに、軽かったり、安かったりする。体格に合えばお買い得だろう。シンプルで使いやすいのが多いのも特徴だ。
ザックの適合具合は、いくつか持ってみないとわからないことがある。30L位のものなら多少体にあってなくても誤魔化せる部分があるが、容量が大きい(=荷物が重い)ものは深刻である。そういう点からいっても、最初の1つ目に70L前後の大きなものを選ぶのは、おすすめできない。

ハイドレーションを使う人は、対応している穴がついているかどうかも確認しておこう。
最近の登山用ザックなら、ハイドレーション対応の穴がないザックは皆無といっていい位みかけないとは思います。 
  ザックカバー内蔵タイプのザックもある。ザックカバーの色柄は選べなくなるが、重量的には有利と思う。ザックカバーが飛ばされたりする心配がないのも加点だと思うのだが、何かの理由でザックカバーが破れたりしたときにどうするか、という問題もある。

(注意事項)

山中では、ザックは命そのものです。行程1日を残してザックを失ったら、命も失う可能性があることはよく肝に銘じておく必要があるでしょう。とくに肩ベルトのつけ根部分がほつれやすいので、この部分の縫い目が強いモデルを選ぶと良いかと思いますし、山行前にはこの部分をよく点検するべきだと思います。そして、不用意な場所にザックを置くと風で飛ばされたり、もしくは何かの拍子に崖下に転がったりすることがありますから、体から離すときは、その場所が安全かどうかもよく確認されると良いと思います。

また、最近は心無い人が増えておりますから、あまり不用意な場所にデポしたりしないようご注意ください。

ザックの外側へは、なるべく何もつけないようにします。テントポールやテントマットはともかくとして、ナスカンでシエラカップを留めたりすると、落としたりひっかけたりする可能性がありますし、そもそも食器を外へ露出させることは衛生上良くないように思います。

(取り扱い)

ザックは、最も汚れやすいものの1つですが、基本的に丸洗いはできません。汚さないように注意し、汚れたら拭き取るようにしてください。洗剤は汚れのひどいときだけ使用します。防水スプレーの使用も有効かと思います。

(ザックの寿命)

長期間ザックを使用していると、内側のコーティングがはげてくると思います。僕の手元のザックは、だいたい15年くらいで寿命をむかえたので、その位を目安に代替、と考えていいと思います。

(カメラザック)

  写真をやる人はふつうのザックにするかカメラザックにするか悩むとおもいます。僕も悩んで結局持っているのですが、登山の場合、カメラ以外の荷物が非常に多くなり、逆に持っていくレンズなどは厳選して2〜3本くらいだと思います。それでも無雪期で火器を持たない日帰りや小屋泊くらいでしたら、上の気室に登山の荷物、下の気室にカメラの機材、という具合でなんとかなるのですが、テント泊の場合はもうどうしようもありません。僕の場合、登山のときにはほとんどこのザックを持ち出すことはなくて、普通のザックに、クッション材の入ったレンズケースなどで入れてもっていくことが多いですし、僕はそちらの方が比較的推奨しやすいと思います。
登山用としてカメラザックを買われるつもりの方は、すこし冷静に、実際に使ってみた様子を頭に思いうかべてみてからにされると良いと思うのです。

(サブザック)

サブザックは、たとえば1日目にAという場所に入って、テントを設営。2日目はAから山頂を目指してAまで戻り、3日目には下山、というコースを取った場合、Aという場所に、Aから山頂の間では必要のないテントやシュラフほか大量の荷物をデポしていけるわけです。Aから山頂までは、雨具や非常食など最低限の荷物を持っていけば良いわけです。このときに、荷物は少ないのに70Lクラスの巨大なザックを持っていくのは、ザックの重さだけでも大変ですので、Aから山頂までの間では小型のザックを使うことが良くあります。これをしてサブザックと呼び、折りたたんでザックの隅にしまっておけるようなザックも売られています。小屋泊の場合はあまり使う機会がありませんし、テント泊でも縦走型(要するにテントを持って移動すること)では使う機会がありませんが、軽装の日帰りハイキングにも使えるので、定着型のテント泊が多い方は手に入れておくと良いかもしれません。


(2015.5.7 14:1)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net