サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

   

ナイフ

必要度
僕はあまり使うことはないと思うのですが、テント泊で細引きを切ったりとか。僕が一番使うのはカマンベールチーズを切り分けるとき
道具選びの重要性
軽くて小さいもので十分では?一般ルート縦走ならあとは趣味の問題で、ほとんど使用する機会はないと思います。
この道具が必要な山行 どうしても必要だとは思えないな
予算 僕は800円くらいで買った記憶がありますが、いいものは1万円以上するものも。

ナイフはなんとなく登山には必携なような気分になりますが、縦走の場合実際にはほとんど使うことはないと思います。テント泊で細引きを切ったりする場合に使うこともありますが、小屋泊の場合はそもそも細引きを使うこと自体が少ないですし、テントでも細引きはあらかじめ長さをあわせていたりするので、僕はテント泊でもほとんどナイフを使うことはありません。

あとは、人によって、山でりんごむいたりする人とは、僕は土鍋やるんで豆腐を切ったりするのに使うなど、どちらかというと趣味っぽい使い方が多いのではないかと思います。ですので、持つかどうかは、実際に使うかどうかよく吟味した上で検討されると良いと思います。

ただ、 もっている以上はきちんと研いで、いつでも切れる状態にしておくべきです。切れない ナイフは指しか切れません。

写真
ナイフ。滅多に使うものではないので、シンプルで軽量なものが良いと思います。
しかし、切れないものはアウト。形状としては折りたためるものがいいですね。
一応常時身に付けて、すぐ出せるようになっています。
写真のオピネルは、刃がスチールなのでたまに、1年に1回くらいは研いであげないとさびてしまいますが、値段のわりに意外とよく切れると評判です。

(スイスアーミー)

ビクトリノックスのスイスアーミーナイフ、いわゆるドライバーや鋸といった機能がいろいろくっついてきているやつ、ありますよね。僕は基本的にあれ、好きではないです。あまり厚いと使いづらいですし、実際のところ使う機能は非常に限られています。なるべく機能はシンプルで、軽いものが使いやすいように思います。

スイスアーミーで選ぶのであれば、この位のシンプルなナイフが軽量で使い勝手もいいと思います。これは、僕がクライミングをやってた頃に使ってたもので、首にかけてすぐにロープを切れるように細引きをつけてあります。

(2015.5.7 14:1)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net