サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

   

雨具

必要度 ★★★
ないと話にならない
道具選びの重要性 ★★
できるだけいいものが必要だが、いいものを選ぶのは難しいかも。
状況によっては少し安いものでも可。
この道具が必要な山行 あらゆる山行で必要
予算 日帰りのハイキング用途なら7千円くらいから。夏のアルプス巡りをするつもりなら2万円は覚悟。
消耗品なのであまり高いのはどうかと思います。

(概要)

雨具(レインウェア)は、たとえ日帰りであろうと、雨が降らない確証があっても、必ず持って欲しいアイテムの1つです。それも、きちんとした上下別体のセパレートものを。ポンチョみたいな上からかぶるものですと下から風にあおられて足元がずぶぬれになる可能性があります。
良く、雨具と靴とザックは良いもの・・・といいますが、特に雨具は善し悪しが直接命にかかわりますから、雨具だけは甘く見ないようにしていただきたいかと思います。

雨具は、本来の用途以外にも、様々な用途が考えられます。
たとえば、あまり気温が上がらず、ちょっと寒いかな・・・と感じたときは、レインウェアを着ることによりかなり暖をとれるかと思います。または、風が強い場合にはウィンドヤッケの代わりとして、もしくは春山ではもっと積極的に、雪から衣服の濡れを防ぐような使い方も考えられます。
また、替えズボンの代わり(爆)や時間通り下山できずに予定外のビバーク を強いられたときの強い味方(防寒具)として使えます。

雨具の定番といえばモンベル社のストームクルーザーですが、僕はこれは万人におすすめできる選択だと思います。
雨具は、雨の多い日本で発達した登山用具。海外のものよりも、国産のものに1日の長があると言っていいと思います。そういった意味でいえば、ストームクルーザーには間違いがない。

ただ、日帰りの山行しかしないし、雨の日は山に入らないよ、という人にまで、ストームクルーザーがいいか、というと、結局値段を考えると、なにぶん3万2千円の消耗品ですから、はい買ってくださいほい買ってください、とは 言いがたい。こういった人であれば、同じくモンベルのウェザーテックレインスーツやベルグのストームセイバーなどに代表される1万円前後の透湿性素材雨具でも問題はないと思います。このクラスは、新品時の性能はゴアテッ クスに劣らないものの耐久性がイマイチ(=ある登山店員の、ベルグ・ストームセイバーに対するコメント)、もしくはゴアテックスに比べると湿度を放出する能力が多少劣る、というような感じになります。

それ以下の金額・・・となると、僕は「・・・・」です。
山なれた人の中には土木作業用の雨具を使っていたりする人もおりますが、このあたりは酸いも甘いも知ったベテランだからこそ。自分の山行にはどんな道具が必要なのか十分理解した上での行動です。今日は日帰りで雨が降る天気図でもないし、ヤブこぎするのに高いゴアの雨具なんかつかえねーよ、というレベルですね。ワークマンとかの作業着屋さんで雨具選びをするのは、少し経験をつんでからの方が安全と思います。
旅行用品などとして扱われている、ゴミ袋と見紛うような素材の、1000円とか2000円とか、場合によってはダイソーの100円ショップで扱われているようなペナペナなビニール雨具は、山用としてはおすすめできません。もちろんないよりはずっといいのですが、岩角でこすれたりするとすぐ穴があいてしまうと思います

写真 雨具。BAILESUという、ショップオリジナルブランドの雨具を選択してみました。ズボンの色が選べない(1色しかない)、ストームクルーザーと違って立体裁断ではない、若干厚手でストームクルーザーよりおにぎり1個分くらい重い、といったところが目立ちますが、それ以外に手抜きはない感じで、第一印象では2,3年前のストームクルーザーと同じくらいの性能、といった感じを受けました。値段は22800円で、ストームクルーザーの1万円安。


動きやすいか、首回りなどからヒートロスが出ないか、などを中心に選択をしよう。フードのつくりも要チェックだ。
首回りから空気が抜けやすいのは夏場は湿度が逃げるので快適だが、冬場は寒い。

(素材)

まず、GORE-TEX XCRと書かれたゴアテックス素材(防水透湿性素材の一種=雨は通さず、湿気は放出する素材)のものを基本と考えてください。 朝から雨降りで1日中雨、というようなケースではやはりゴアテックスに1日の長があるだろうと思います。値段でいうと2万円以上クラスです。2,3泊で南北のアルプスを歩きたい、という人ですと、1日は朝から雨降りという日はあると思います。こういう場合はやはりゴアテックス製がよかろうと思います。

写真 GORE-TEX XCR(ゴアテックス)のものであれば、まず間違いはないと思います。正規のゴアテックス素材であれば、このタグがついているはずなのでこのタグを目印に購入したいところ。

日帰りがほとんどだし、雨の日はでかけない。南北アルプスを歩くのも年に1度くらいかな、というような人だと、もう少し選択の幅が広がります。1万円くらいの、ゴアテックス以外の透湿性素材の雨具ですと、日帰りで途中雨が降ってきた、という状況であれば十分な性能を持っていると思いますが、1日中雨の中を登るような場合だと、小屋についたら服を着替えないといけないような感じになるだろうと思います。

僕が比較的おすすめしやすいのはベルグのストームセイバーですが、これは1万円を少し出るくらい。耐久性については先に書いたとおりです。

写真 僕が10年使った、ダーミザクスというゴアテックス以外の防水透湿性雨具。南北アルプスもこれで歩いた経験がありますので、どうしてもゴアテックスでないとダメだ、ということは僕はないと思います。素材も重要だけど、カッティングとか、細かいところのつくりも雨具としては重要です。

この雨具がいただけないのは、矢印のポケット。このポケットはザックを背負って腰ベルトをしめると使えなくなってしまいます。

(色)

雨具にとって色はさほど重要なファクターではないのですが、それでもあえて色という問題をとりあげますと、僕は黄色系統やオレンジ色の目一杯派手がおすすめです。上の写真を見てもらうとわかるのですが、店頭では派手にみえても、天候が悪いときに着ればこんなものです。あまり地味な色ですと、気持ちまで沈んでしまうものです。
もう1つ考えたいのは、万一遭難したとき、目立つ色の方が発見される確率が高くなる、ということがいえます。ヘリから見ると青とか緑とかはほとんど見えないけれども、黄色やオレンジはわかりやすい、といわれています。僕はヘリにのって遭難救助したことがありませんのでよくわかりませんが。
ただ、黄色は泥汚れが目立ちます。
最終的には自分の好みが一番重要ですが、明るい色か暗い色かで迷ったときには、こんなことも頭の片隅に置いておくといいのではないかと思います。

あと、これは私見ですけど、雨具は(下だけという機会はあんまりないと思いますが)上だけ使う機会も結構多いです。通常は1つのスタッフバッグに上と下と一緒に入れると思いますが、上下で別の色だと、丸まってる状態でもどっちが上なのかすぐ判別できて便利かなあ、とちらっと思ったりします。まあ、両方広げれば、広げて間違える人はいないですけどね。

雨具 シグナルカラーの黄色でも、雨の中で着ればこんなもの。

(スタッフバッグ)

なくしやすいです。ハイ、僕も2度なくしています。雨具をとりだしたら、スタッフバッグは雨具のポケットの中、というルールを決めてしまえば、なくすことは可能性としては少なくなるだろう、と思います。

(サイズ)

僕は、雨具を買うときに、普段着ている服よりも少し大きめ、と教えられました。これはなんでかというと、(特に冬場使う人は)雨具の下にいろいろ着込んで、いちばん上から着るものだから、普通の服と同じサイズだと窮屈だという理屈です。あと、雨具が小さめだと裾や袖が出てしまって、そこから水を吸ってしまう可能性もあります。ただ、極端に大きいものを選ぶ(女性が夫の雨具を流用するなどのケース)と、大きすぎて袖口や襟あたりから雨が入り込んで服を濡らしてしまう、というようなこともあったそうですので、シビアな山行をする場合はやはり体に合ったものを選ばれると良いと思いました。

「サイズが大きいので動きやすく、裾も袖もすっぽりカバーされるし、ザックの上からでも着られるから」という理由で夫のゴアテックス製雨具を使用していた−は、全身びしょ濡れになったそうだ。サイズが体より大きいぶん、袖口や襟などから雨が浸入しやすかったのだろう。(トムラウシ遭難はなぜ起きたのか)

ということなので、冬場あまり標高の高くない山へでかけて、防寒着代わりとして雨具を使う予定の人はワンサイズ、夏場専門の人は半サイズくらいおおきいのを選んでおくのが無難でょう。

(着方)

継続研究中なので暫定ですが、着るときの注意を「富士登山をしてみたい!」の方に用意しておきました。参考にしてください


(レインウェア以外の雨具)

荷物に余裕があれば、傘もアプローチや林道歩きでは重宝するといいますが、僕は登山道で片手をふさぐことには抵抗があるので、おすすめはしません。雨具の上だけ着て歩く方が余程賢いのではないでしょうか。
高山で冷え込みが予想される場合には、レイングローブもあったほうが便利でしょう。軍手は水を吸ってしまうので、雨の日は辛いと思います。

(ザックカバー)

雨天時、ザックに水が染み込まないようにするカバーです(というか、カバーをかけていてもかなり染みこみますが、それでもないよりはマシ)
ザックは雨を含むと重くなりますし、中身のなかには濡れてはいけないもの(衣類や電子機器、シュラフなど・・・これらはさらに防水袋に入れてパッキングする)もあるはずです。僕はやはり雨が降るとありがたみを痛感するかと思いますので、ザックと同時に購入されることをおすすめします

(最近のザックには、ザックカバーを内蔵したものもあります。そのような場合ザックカバーを別途購入する必要はありません。風にとばされる心配やザックカバーの収納位置に悩んだり、忘れてきたりする心配がありませんが、ザックカバーの色を選ぶことはできません)

ザックカバーは、大は小をかねません。あまりザックの大きさとかけはなれたものを購入すると、風を孕んでしまって強風下で煽られることになります。可変容量ザックのものは難しいですが、通常は大きい方にあわせれば大丈夫でしょう。
フード付きのものは背中とザックの間に水が入らなくて良いですが、大型ザックのものは寡聞にしてみたことがありません。また、底の部分に穴があいているものは溜まった水が抜けるため良いように思います(が、実際にはそれでもかなり溜まる・・・)

店員の人にザックを買うとき合わせてもらうと良いでしょう。

(雨具の手入れ)

化学素材の雨具は、以前は洗ってはいけないといわれていましたが、現在のものは基本的に洗って問題ありません。むしろ、洗わないでおくと気孔が詰まって本来の性能を発揮できなくなりますし、汚れがひどくなってから洗うと、汚れと一緒に素材が剥離してしまうのだそうです。ゴアテックスであれば一応洗濯機でも洗えるそうですが、(僕はちょっと臆病なので)基本的には手洗いくらいにしておいた方が良さそうです。洗剤を使用した場合洗剤が残っていると劣化が進むのでしっかりすすいでください。洗濯後は日陰で乾燥させてから袋につめないと、次回取り出したときにカビが生えていたりするそうですのでご注意ください。状況により防水スプレー(ゴアテックス製のものには、ゴア専用の防水スプレーがあるそうです)も使用してください。

(雨具の寿命)

雨具は、どちらかといえば消耗品に属する商品です。結構岩角などですれたりしますし、特に股は歩く間常時擦れた状態になったりしますので、そういったところから水が沁みるようになってしまう。
勿論1回2回、といったオーダーではありませんが、月2〜3度くらい山へ入るような使い方で3〜6年程度が目安、というのが一般的な意見だと思います。雨でも突撃するか、雨の日は中止にするかによってもだいぶ違いますが、下は股下や足元が痛みやすい。上は肩や腰あたりが、ザックがすれて傷んでくる。上のほうが傷みは穏やかですが、上だけ着る機会は結構多いと思うので、上も思ったほどは持ってくれない。そんなところも考えた上で雨具選びをされると良いのではないかと思います。
ちなみに、以前、下だけ替えを売っていたメーカーもあるので、やっぱり下の方が傷みは早いのだと思います。

(2015.5.7 14:1)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net