サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   

奥丸山

写真


起点−東京・名古屋
方法−自家用車・公共交通機関
宿泊−2食つき営業小屋泊・テント泊
体力度−★★
危険度−★


槍ヶ岳の中崎尾根にあるピークで、このあたりでは登ってない山がない人 がいくような山ではありますが、ほとんどガイドブックで紹介されること がない山なので紹介しておきます。1泊2日で歩くとちょうどいい山です。 のぼりくだりは厳しいですが、山頂からの展望は秀逸で、一部には日本で 最も見ごたえのある山という呼び声もあるくらいです

1日目:
新穂高−小池新道分岐 2H
小池新道分岐ー稜線 2H
稜線ー奥丸山 1H
奥丸山ー槍平 1H
2日目:
槍平ー新穂高 3H30

新穂高の駐車場を使うので、東京起点だと車ではちょっと時間がかかりま すが、その分歩く時間を短めに設定しています。名古屋起点の場合東海北 陸道を使います。
公共交通機関の場合高山駅から濃飛バス。本数は多いので、高山駅へ実用 的な時間に入れる人であれば1泊2日も可能でしょう。

新穂高から、左俣谷を歩きます。しばらくは林道です。笠新道をわけます が、ここで水を口にしていくといいでしょう。わさび平を経て、ブナ林を 歩きます。小池新道をわけたら橋をわたって奥丸山の登山道へ入ります。 登山道が下丸沢をわたると、あとは展望のないひたすらな急登。道ははっ きりしていますが、笠新道ほどは広くありません。小池新道をわけてから 2時間で稜線に出ます。稜線に出てもそこそこののぼり。稜線は針葉樹と ササで、展望は樹林の間からちらちらと見える感じです。もう1時間頑張 ると奥丸山の山頂に出ます。2355から少しくだりかえすところでは左 側が切れ落ちているので注意が必要です。

山頂からの展望はぐるっと一周なのですが、まわりの山より標高が一段低 いので遠くは見えません。槍、穂高、笠などがよく見えます。とくに双六 方面は気持ちよさそうに見えますが、この場所ならではなのは滝谷の展望 ですので、これを楽しむことを忘れずに。遠くには乗鞍岳も見えます。

ひとしきり楽しんだら、今度は槍平へむかって下ります。すぐ下に槍平の 小屋が見えます。これまたひたすらなくだりですが、思ったほどは時間が かかりません。こっちも道は明瞭です。枯沢へおりたつとほどなくして槍 平に到着です。

2日目は下るだけ。ゴロゴロの石の中を2時間歩いて白出沢へ。白出沢か らは林道を1時間30分で新穂高へ戻ってきます。

この場所なので、温泉を楽しんで〆にすると気分よく帰れることでしょう。

(2015.5.7 12:50)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net