サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   

大日岳から称名ノ滝


起点−甲府・長野・富山
方法−自家用車・公共交通機関
宿泊−2食つき営業小屋泊
体力度−★★
危険度−★★


さっきちらっと出た大日岳も書いてみました

大日岳と称名ノ滝

大日岳はこの界隈では有名な山ではないですが、剱岳と立山を眼前に望み、 くだってくると今度は草原を楽しむ見所の多い縦走になります。


1日目:室堂ー奥大日岳ー大日小屋 5H30
2日目:大日小屋ー称名滝BT 4H30

室堂起点なので、朝早い時間に扇沢(もしくは立山駅)へ入れる人なら1 泊2日でも楽しむことができます。東京が起点だとちょっと時間的にぎり ぎりですが、甲府や長野あたりが始発ならだいぶ余裕でしょう。東京を起 点にする場合豊科ICを使い、一般道を1時間半前後。扇沢の駐車場を使っ て朝のアルペンルートを使い室堂へ。ここから歩き始めます。

地獄谷を経由して称名川を渡ると奥大日岳への縦走路に入ります。このあ たりがお花畑。稜線を若干のぼり気味に2時間ばかり歩くと奥大日岳に出 ます。毛勝山や剱岳の展望が出ます。山頂付近は若干行動に注意が必要で す。山頂直下ではふりかえると立山と室堂カールが見えます。

若干しょっぱいはしごをこえて、1時間ほどで七福園とよばれる園地へ出 ます。ハイマツの中に岩が点在するこのコースの見所です。

さらに裏手へ回ると大日小屋へやってきます。小屋の正面から剱岳が見え ます。写真は朝夕でいうと夕方のほうが綺麗だと思います。
ランプの宿と紹介されることもありますが、小屋自体はわりあい近代的で、 北アルプスの標準的なそれです。入れ込みもけっこう多いので、静かな小 屋を期待するとはずれに終わるかもしれません。


2日目は大日岳を往復したあと称名ノ滝へ向かって下ります。大日岳から も薬師岳や白山などの展望が(晴れていれば)出ます。大日平へ向かって は一気の急降下。まもなく大日平へおりたちます。称名の深い谷が見えま す。チシマザサの間の木道。池塘にはワタスゲが咲きます。

牛首からは称名滝の崖を下る再び急斜面に。うんざりする位下ると車道へ おりたちます。バス停は右ですが、帰りがけに称名滝を見物していくとい いでしょう。

帰りは立山駅までバスに乗ります。車が扇沢の場合は立山駅からケーブル、 バスを乗り継いで室堂へ。2日目の行程は短めですので、時間的にシビア な車回収にはならないことでしょう。

テントの場合は、若干2日目が長くなりますが、1日目雷鳥沢にテントを 張って2日目称名滝へ下りることもできます。

逆回りも可能ですが、逆回りだと登り主体になるので体力的には正回りよ り厳しくなります。最後にみくりが池温泉に入れるのが逆回りのいいとこ ろです。

足が速い人で、なおかつ早い時間に室堂へ入れる人であれば、立山を縦走 した後に奥大日岳へ向かうこともできます。充実した山行になると思いま すがかなり健脚向けですので、時間的な余裕を見ておくと万全です。

雪の多いところなので、適期は7月下旬のおそくなってから〜9月いっぱ い位、とみておけばいいと思います。

(2015.5.7 12:50)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net