サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

   

食べ物との関係


ダイエッターの誘惑。それはコタツの上のミカン。

空腹でそこに食べ物があれば、ダイエッターでなくとも手は出ます。ダイエッターにとって、この誘惑が辛い、という人が多いですが、

(1)テレビの視聴時間と体型には明確な因果関係がある。
(2)薄着の方が(必要な熱生産量が増えるため)基礎代謝が大きくなる

の法則を忘れてはいけません。まずは出かけることです。

それはさておき、ダイエットをするにあたっては、食べ物を排除する、というのは、基本中の基本なのですが、下界にいれば冷蔵庫の中にも、ちょっとお店に行けばいくらでも食べ物は手に入ります。

登山の場合、要するに山の中ですから、あなたの背中に入っている以上の食べ物は、探しても手に入りません。山にいる間は、完全に食べ物の誘惑から隔離されるわけです。もちろん、やたらに食べ物を持っていかない、という前提の話ですが。

行動時間が朝から晩まで及ぶ登山では、朝食と夕食の間は食べ物から隔離されるわけです。疲れていますから良く眠れる。おそらく、これ以上の環境というのは刑務所でもない限り考えられません。(実際、刑務所入ると痩せられるそうですが。閑話休題)
おまけに、運動しているときは内臓に血がいきませんから、食欲も落ちます。(空腹は感じますが、あまりのどは通りません)

ちなみに、

ダイエッターの家庭に1度お邪魔したことがありましたが・・・・それはすさまじいものでした。
座っていると、四六時中何か食べ物が出てくる。あれでダイエットできたら大したものです。

(2015.5.7 14:11)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net