サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   

ダイエットの実例

さて、実際に登山でどの程度痩せるのか、実例を見てみたいと思います。今回データをとったのは、積雪期の雲取山、石尾根縦走というやつです。
85Lのザックを背負って、一部ラッセルありの行程ですので、比較的ヘビーなやつ、だと思ってください。

出発前のデータ

  体重 57Kg 体脂肪率 10% (体脂肪量5.7Kg)

1日目:

朝食 おにぎり1
    鴨沢→雲取避難小屋(登り6.5H)
昼食 おにぎり2・スニッカーズ2
夕食 おでんだね(3人分)
    ビール350ml×1

2日目:

朝食 おでんの残り
    ほぼ水平移動(軽いラッセルを含み7H)
昼食 袋ラーメン
夕食 石狩うどん・お茶づけ・チーズ1個(6Pチーズ3個分の大きさ)
    ビール350ml×1・ドライフルーツ1袋

3日目

朝食 お茶づけ
    やや下り気味(軽いラッセルを含み6.5H)
昼食 とろろそば


帰着後のデータ

  体重 56Kg 体脂肪率 7% (体脂肪量4Kg)


この場合において、3日間の歩行時間を20Hとすると、運動量としては、少なく見積もってもおよそ6kcal×57kg×20H=6840kcal程度、と考えて良いと思います。
脂肪 1kg=約7000kcalなので、運動で丸々1kg体重が落ちた計算です。 実際にはこの登山において6kcalというのは低く見積もりすぎですので、1.3〜4位が、純粋に運動で落ちた脂肪量、と考えてよいと思います。食べるほうは、割と本能に任せて食べていました。
あくまで体脂肪計によるたった1回限りのデータですが、内訳を考えて見ますと、

 脂肪減少量 1.7kg
 脂肪以外の減少量 −0.7kg

という具合になりますので、上の計算ともほぼ一致すると考えてよいと思います。
この位の体重減少は、およそ登山をやっていますと年中経験することですが、減少量の、「質」に注目してください。当然ですが、今回の場合ダイエットをしに行ったわけではありません。然るに、純粋に脂肪だけが減少している点が重要です。筋肉が落ちない、ということで、登山によるダイエットは、非常に質のいいダイエットができることになります。  


(2015.5.7 14:10)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net