サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

   

私の自慢の山行食

という題で文章書かされたので、はっときます

以下本文


正直、山行食のレパートリーが広い人が、うらやましいのである。 山メシってやつが、時々雑誌の1ページを飾ったりしているけど、 僕にはああいうのが一切できない。山向けの料理のレパートリー なんか皆無に等しいと思っている。仕方ないので、下界で食べる ような料理をそのまま山へ持ってくる。

複数の人の自炊泊だったら、土鍋とかすきやきとか、ちょっとぶっ とんだことはやらないことはないけれど、かなり定番化マンネリ 化していて、たいていはいつも同じ。そして、1人の山行ではた いていおにぎりをかじるか、パンをかじるかで済ませることが多 い。泊まりになっても、1人ではアルファ米を戻す作業さえおっ くうで、なんか行動食をかじって寝ちゃうか、せいぜい麻婆春雨 を戻して食うのが定番で、買い置きのアルファ米がいっこうに減 らず賞味期限近しという体たらくである。山をはじめた日に、火 をつかってカップ麺を作っている人がいて、それに感動を覚えて その日のうちに火器を買いにいったのは、もう記憶の外になって しまったのかもしれない。カップ麺でさえ、もう長いこと作った 記憶がない。

そういえば、昔はいろいろやったなあ、と思い返してみる。なん か、しゃけとえのきか何かをバターと一緒にホイルで包んで網に かけた記憶もあるし、しいたけが出ればそれも焼いた記憶がある。 湯豆腐うまかったけど翌日力が入らなかったなあ。ステーキもし たし、ホットケーキもしたし、そういえば、マツタケを焼いたこ ともあった。あの頃は下界でできる料理は山の上でもできるはず、 刺身やお好み焼きくらいは余裕で、とんかつ揚げたりハンバーグ 作ったりてんぷらしたりもできるんじゃないかと思っていた。同 行者は喜んでくれたけど、その同行者もずいぶん減って単独が多 くなったから。同行者が喜んでくれればいろいろ考えるけれど、 単独だったらパンかじればいいや。

…また、物好きな山行パートナーが欲しいなあ。


1度、やってみたい食事がある。それは、礼儀正しい日本の朝食。 和食器を一式もっていって、ごはんと味噌汁、それに納豆と、しゃ けの焼いたのと、漬物と、あと生卵と海苔。食器を割らずにもっ ていければそんなには難しくないのだが、なにしろ、夕食ではな く、朝食である。慌ただしく出発の準備をしているときに、そん な馬鹿げた食事を作ることを、果たしてできるのかどうか。下界 で想像しただけで、無理じゃないか、という気になっているので、 多分、よほどの物好きで、そういう馬鹿げたことはぜひやるべき だ、と言い出す人が仲間に加わらないと、実現には至らないよう な気がしてならない。

(2016.2.27)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net