サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   

山行く前に書いた山行記録

山行記録を、山へ行く前に書くのはどうかと思うのだが、僕はけっこう 山行く前に、ある程度シナリオを決めておくことは多い。今回も、山へ行く 前に多少なりとも書いておいた。

おいたのだが…あまりの悪天に中止にすることにした。したので、書いた山 行記録はお蔵入り。


せっかくなので、書いた山行記録の一部を公開しようと思う


このメッセージは下書きです
----------------------------------------------------
五竜岳にいってきました。


今回詰めた機材

カメラ3台、レンズ6本、大型三脚1本、中型三脚1本、自由雲台、3ウェイ
雲台、ビデオ雲台、レベリングユニット、フィルタ類などカメラ機材推定17
キロ。テント、シュラフなど3泊の山行装備推定15キロ。そして筋肉痛対策の
アミノバイタルが13.5gで都合推定32.0135キロ。
「なにその細かいの」
「うるさいなあ。山ヤは1g単位で軽量化しなきゃいけねえんだよ」
「そのわりにはなんかアバウトな計算しているし、第一なんか余計な荷物が多
くありませんか?なんか、荷物の中に酒とかいるし」
「酒忘れたら死んじゃうだろこらっ」
「酒くらいなくても死なないし、だいたいカラダが華奢にできているんだか
ら30キロを厳守とか言ってたのはキミ自身じゃないですか」
「秤ではかった感じでは、32までは届いてないから大丈夫だ」
「本当に大丈夫なんだろうな?この前の小河内岳でも足がつってたけど」
「…たぶん…だいじょうぶ…」
「それにしても、今回は土鍋が入ってないから軽そうだね」
「軽くねーよ!!まったく、人のことを歩荷みたいにいいよってぷんぷー」



というわけで、とりあえず詰めてみたのですが、正直、山行く前から顔面蒼白
ですよ。だって、なんか、カメラは別腹なのに、110Lザックから荷物があ
ふれている。
「あふれる〜重い荷〜 とまどう心も いまなら すべて受け止められるさ〜」


うっさいな。


三脚は2本にするか1本するか迷ったのですが、前回小河内岳で理性を働かせ
て三脚1本にしたら星空の撮影で全滅してしまったので2本持つことにした。
「ねえ、それって三脚のせいじゃないよね?キミのウデのせいだよね?」
*「ぐふっ」
100ポイントのダメージ!わっきーは死んでしまった!
おおっ、死んでしまうとはなさけない。きみにはもう1度チャンスをあげよ
う。いいか、君はまだ来年日本山岳写真協会の協会展に出展できる作品を1
枚も撮ってない。せっかく絶好の晴天の日に小河内岳に行く機会を与えたと
いうのに、キミは星空の撮影を全滅させてくるという失態をした。
ちょっと曇り雨の予報だが、4日間時間を与える。ここでちゃんと写真を撮っ
てこないと、来年、君は展示する作品がないということになる。頑張っていっ
てくるのだ。

ということで、4日間の日程を写真山行に充てた。例年であれば、4日あれ
ば縦走だけれども、曇雨曇曇、と、完全に天気が思わしくない。とくに2日
目は稜線上で行動したくないし、ホントに出す写真がないので、縦走よりも
写真が優先だ。去年あたりは穂高に行きたいねえ、と言ってたけど、まあ普
通に曇雨曇曇だと2日目ザイテンの行動が雨になるので避けた。
----------------------------------------------------

(2015.5.7 13:12)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net