サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

   

同じ状況で、僕は生還できないかもしれない

これ、Web向けに書いた文章でなくて、mixiでこそっと書いた文章なんだけど、あえなく 全文がWebに無断転載されてしまったんで公開します。全文転載は著作権法違反なんだけ どな…

はらへったです。

アミューズさんの事故もすこし落ち着いたので書いてみようと思います。 実はアミューズさんは甲武信のほうにもよく出入りしている会社で、少し酒を酌み交 わしたこともあります。

山は、富士山に登ってその高さを知れ、大雪に登ってその大きさを知れ、といいます。 大雪はトクベツな山だし、大雪からトムラウシの縦走は難易度の高い、トクベツな縦走 だと思います。僕もまだ実現できていないし、まして中高年にとって、憧れ、夢。そういっ た言葉で表されるものだと思います。ブームだからちょろっと行ってみました、なんて気 分でできる山ではないし、ブームなんかとは無関係。こういう縦走をやる人は、ブームだ から、ではなくて、それなりに真摯に山に取り組んでいたんだと思う。ブームだから安易 に、というのは、偏向した報道だと思います。

スケジュールをみると、14日に入山、白雲岳の避難小屋を確保。15日はヒサゴ沼の避 難小屋だと思います。ヒサゴ沼からトムラウシまでは2時間30分で、あとは下るだけ。 関東あたりと少し時間の感覚が違いますが、北海道だと2時間30分は目と鼻の先だ。 だから…いけると思っちゃったんだろうね。
手練になるほど怖いんだ。いくつも修羅場をのりこえてくると、あれもできるんじゃないか、 これもたいしたことはないんじゃないか、という気分になる。だけど、山はそんなには甘く ない。僕も、3000mの大荒れの稜線で、歩けば歩けるんじゃないか、という気になるとき がある。最終の下山日で、交通機関の予約がしてあって遅れれば面倒だ。停滞でつまじ い食事で食いつながないといけない、という雑音が入れば、歩きたくなるのは人の子だ。 あの、2005年8月15日のあの暴風雨でも僕は歩いている。途中で早々に予定を切り上 げて山小屋に逃げたけどね。
山小屋に逃げたから何もおきなかった。だけど、予定通り歩いていたら、もしくは、そこに 山小屋がなかっとしたらどうだったろうか。


北海道の天気までは気にかけてなかったけど、事故のあった16日は北海道の真上に 低気圧があったはずだ。そして、実際ヒサゴ沼を出るときには危険を感じるような状況 だったそうだ。
14日の時点で16日の天気を言い当てることはできないだろうから、入山してヒサゴ沼 まではどうすることもできないにしても、16日、もしヒサゴ沼を放棄しなければ。何人か が感じた「危険」という本能を信じていれば。

17日の天気はヘリが飛ぶくらいだからなんともなかった。もしあの日、1日停滞してい れば何もおきなかったはずだ。ヒサゴ沼の山奥でラジオが入ったかどうかはわからな いけど、気象通報、いや7時の天気予報がせめて取れていれば16日の悪天も、17日 の回復も読めていたはずだ。

≫憶測だが、出発した時点ではそこまで天候は悪くなかったのではないか。

だが、出発した時点で何人かが「危険」を感じていた。
事故原因は服装でも、本州の人だからでもないと思う。危険を感じるような天候で、ヒ サゴ沼を放棄してしまった。この1点だと思う。
アミューズさんのことだから、ツェルトくらいは多分持ってたんだと思うんだけど、ふき さらしの稜線下で、ヒサゴ沼を出てしまったらもう逃げも隠れも、満足な休憩さえでき ない小屋装備だったのは本人もよくわかっていたはずだ。もう出ちゃったら、火をわか してコーヒーを飲むことさえかなわない。

憶測だが、2時間半という距離を、軽視してしまったのではないか。いくつもの修羅場 をのりこえて、アルプスや大雪の大きな山を経験すると、2時間半という距離が、とて も「たいしたものではない」ように思えてしまうものだ。だが、2時間半の距離は、いや、 30分でさえも、人の命を奪うには十分なのである。そのことを忘れてはいけない。本 州の人だから服装が甘かった、なんて関係ないんだよ。どうせ歩くときは薄着なんだ から、なんか防寒具を持っててもそれはザックの中だ。
歩いてて、ふつうに歩いてて意識を失う。意識を失うまでわかんないし、風雨で意識 を失うなんてのはかくも簡単なことだ。

もっと、山に対して謙虚になるべきだ。装備はどんどんよくなるが、雨、風、霧。その 危険性はなんら変わることはない。雨はこわいんだよ。風はこわいんだよ。霧はこわ いんだよ。本気で降るときに、ふきさらしの山になんか行くもんじゃない。あまりニュー スにはならんかもしらんが、低体温症の事故は夏〜秋にかけてたびたび起きている。 みんなそれを知ってて、でも雨の中、予定だからってでかけるんだよ。予定って何? 登山で食ってるわけじゃないでしょ。たかが娯楽でしょ?

僕がさ、車の中で、今日はダメだねえ、なんてうらめしげに空を眺めているときに、雨 具を着こんで平気ででかけていく人がいる。アルプスで。
そういうのを見てね、僕は賢いとは思わないの。まして、25mなんていう横殴りの風の 中で行動するなんて、正気の沙汰じゃないね。

(2013.7.26)

(2015.5.7 13:11)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net