サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

   

夜行登山とライト

慣れた安全な山や、大倉尾根みたいなところは、1度夜行登山して みると、その山の違った一面が見えて良いと思う

夜中山を歩くのに、中くらいのライトで十分という人もいたが、僕 は大光量のやつを使っている。やはり一回り余計に明るいと、たと え計画した夜行山行だったとしても安心感が違うと思う。不意に夜 中歩かないといけない場合(下山が遅くなって日没に及んだ場合と か)は、なおさらのことだろう。

小さいLED3つとかのやつとか、非常用に忍ばせておくのは当たり前 だけど、あれで下山を強行するのは、僕はおすすめしない。

小さいライトの人は、早出して日中の行動を基本にするべきだと思う が、さりとて秋口の日の入は非常に早い。出発時間の選択肢が限られ る公共交通機関派の人は下山が日没に及ぶこともあるだろう。そうい う人は少し明るめのライトを買った方がいいと思う。

いずれにせよ、知らない道を夜中下山するのは避けたいところだ。


(2012.6.5)

(2015.5.7 13:11)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net