サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   

完登とは何だろう

勿論僕も人の子だから、好きな山も嫌いな山もある。
どちらかといえば好きではない山に分類されるのは、高妻山、妙義、戸隠、剱岳、穂高… まあ、だいたい傾向はわかりますね。

ついこのあいだ、両神山へいってきた。僕はいちおう百名山と呼ばれる山々は完登 しているので、もちろん両神山へも登ったことがある。いつのことかといえば、2000 年の5月。あの立地でそれ以来足を運んでいなかったわけだから、どちらかといえ ば、好きではない山の方に分類されていたといってもいいだろう。
だが、その両神山は実にいい山だった。山とは、経験と時期と、ルートや気象によっ ても様々に表情を変えるものではないだろうか。


完登とは何だろう。百名山の全ての山に、1度だけ、何れかのシーズンに、何れか のルートから登れば、それで完登といえるのだろうか。そして、その山頂に立った 山のことはほとんどわからない。深田氏の選んだ山には、一生登り続けてもその全 てを見せない山もあるし、それも、そういう山がゴロゴロといくつも転がっている。 1度だけ登って、それで終了、という類の代物ではないはずだ。

両神山へいってみて、完登とか言うのは、何かヘンな言葉だと僕は感じた。両神山 は2度目で、それも前回とたいして違わない季節。それでもハッとさせられた。僕 らは山の知識が増えることで感性も高まる。昔、赤線だけを頼りに登っていた山で 見込みのありそうなところは、1度頭を真っ白にしてもう1度登ってみようと思った。

(2015.5.7 13:11)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net