サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

   

スノーシュー

今日は山をやらないマイミクの皆様に、スノーシューというスポーツをご 紹介しようと思います。

スノーシューは、雪の上でするスポーツです。登山界ではもうブームとい うよりも「定着」した感があって、猫も杓子も、といった状態ですが、世 間一般的には今ちょうどブームの夜明けという感じで、急速に競技人口を 増やしています。欧米ではすでにブームの盛りですので、今後日本でもブー ムはくるだろうと考えられています。

スノーシュー(snow+shoe)とは、どんなスポーツかと申しますと、あの、 かんじきってありますよね。あれをちょっと大きくしたような物体を靴に くくりつけて、雪の森の中をぺったんぺったんと歩き回ったり、ちょっと 小高い丘に登ってみたりと、そんな感じのスポーツです。まあ、要するに 歩くだけなわけですが、そんなものが面白いのかというと、これが結構面 白い。

スノーシューが、従来からよく行われているスキーやスノボーと決定的に 違うのは、スキー場の外へ出て行くスポーツだということです。スノー シューは自分の足で歩くわけですから、スピードは出て時速3キロ。場合 によっては1キロ以下なんてこともあります。と、いうことは、回りの景 色もそのスピードでしか流れない。びっくりするほど静かなフィールドを、 動物の足跡を追いかけてみたり(たまにはホンモノに会えるかもしれない けど、そのようなチャンスは稀です)木々や周りの山を観察したり、疲れ たらそのへんに荷物広げてコーヒーを沸かしたりと、スキーやスノボ−と は時間の流れが違う遊びです。スピードが出ないですから、衝突事故の類 もありません。子供でも比較的親しみやすいスポーツだといえます。

スキーだといっぱしに滑れるようになるまで2シーズン、スノボーでも2 回はゲレンデに通わないといけないでしょう。スノーシューは、片方の足 でもう1方の足をふんづけないように歩ければOKですから、そんなに筋 の良くない人でも30分もあれば立派にマスターすることができます。

で、雑誌の類では手軽に楽しめる、という具合に書かれていることが多い ですが、スキー場の外へ出ていくスポーツなので、雪崩の知識や地図読み、 不時露営の知識など、実は幅広い知識が必要で、決して手軽な遊びではあ りません。冬山登山の経験がある人なら敷居は低いですが、そうでない場 合は、とりあえずやってみようと思ったらガイドさんを必ず頼んでくださ い。完全に安全というわけではありませんが、スノーシューのコースとし て整備された場所も増えてきているので、こういう所から歩いてみるよう にするといいでしょう。


僕らがマイミクさんに訴えたいのは、「やってみよう」というのではなく て、そういうスポーツがある、ということを知って欲しいのです。

僕は、今から10年か15年くらい前、まだスノボーというブツが、量販 店の店頭に並びはじめたころにスノボーをやっていました。今でこそ市民 権を得たスノボーですが、当時はやってる側にも、受け入れる側にもさほ ど理解がなく、スキー場は次々とスノボー禁止を打ち出していた時期だっ たのです。その後スノボーは、ライセンス制を経て、今ではスノボーを禁 止しているスキー場はほとんどなくなっています。

僕らが、やはり15年くらい前、モーグル(フリースタイルスキー)を楽 しんでいた頃、まだ里谷多英なんて全然出てくる前で、それどころか世の 中にモーグル、なんて言葉もなかった頃です。コブ斜面で空中へ飛び出せ ば、あいつ飛んだよ、と言われたり、拍手されるようなことさえあった時 代もありました。が、そういう人が増えるに従って、禁止事項も増えたり、 もしくは事故も増えた、という経緯もあります。

スノーシューは、今、ちょうどその黎明期の大事な時期を、これから経験 しようとしています。スノーシューは、スキー場の外へ出ていくスポーツ ですから、決して完全に安全なスポーツではないし、もしひとたび事故が 起きれば、救出にはスキー場内では考えられないような手間がかかります。 ですから、これからはじめてみよう、という人には、まず事故を起こさな いようにしてもらいたい。まだスノーシューは社会に認知されたスポーツ ではないので、たびたび事故があって、割に合わないとなれば、スノーシュー のリフト乗車を禁止にするスキー場も、出てくるかもしれません。あるい は、ゲレンデの外へ出ていくなんて無謀きわまりない、と言い出す人が出 てくるかもしれません。

事故を起こさないためには、正しい知識を身につけることと、経験の浅い 人はガイドをつけて入山することが肝要だろうと思います。まず、このこ とを知って欲しいのです。もし、回りでスノーシューをやってみたい、と 思った人が出たときに、このことを伝えてくれる人が増えることが、スノー シューというスポーツの発展には必要だろうと思うのです。

スノーシューは、文化的なスポーツだと信じています。その理解と発展に、 何とぞご協力いただきい。そう思います。

(2015.5.7 13:11)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net