サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

   

コースを書かない人達

○○山へいきたいんで、状況を教えてください。
まあ、よくある質問だ。たとえばさ、冬の天狗岳へ行こ うと思うんですけど。

この質問には、肝心なことが書かれていないんだ。それ は、どこの登山口から登って、どこへ下山するか。

同じ例は、山行記録にもある。
○○山へいってきました。何時に登山口について、何時 間あるいて…

この山行記録は実在する。記録を見ても、「登山口」と しか書いてないし、具体的な地名も出てこないから、ど この登山口から登ったのか、さっぱりわからなかった。 Web上ではかなり有名な人で、けっこう支持する人も多いサイトだった。

いつから、登山というものが、最短ルートから「しか」 登られないものになってしまったのだろう。

冒頭の質問に、普通にレスがつく。登山口すら明らかに されていないのに、普通に会話が成り立つのである。お かしいと思わないか?冬の天狗岳であれば、まあ普通は 最短ルートである渋ノ湯から登るのが定石だろう。しか し、たとえば麦草峠のゲートの前から入山するとか、赤 岳鉱泉の方から縦走するとかいう可能性も、絶対にない とはいいきれない。
それなのに、「冬の天狗岳へ登りたい」に対して、「別 段難しいところはない」というレスがつく。

何故、これで会話が成り立つか、といえば、聞く側にも、 答える側にも、「最短ルートから往復する」という大前 提があるからなのである。

登山とは、そういったものだったろうか。違うだろう。
己の想像力に任せて、自在に線を引くものではないか。


最短ルートなら最短ルートでもいい。僕も山行の8割 は最短ルートだ。だが、それが当然であるわけではな い。登ったコースくらいは書くべきではないか。

(2015.5.7 13:11)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net