サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   

制覇って、ナンデスカ

百名山を制覇したい(現在○○座) と公言する、素敵な人がやってきた。僕はこの手合いとは、 はっきりいってお話したくない。

まず第一に、以前にも書いたことがあるが、山とは「制覇」 するものでもなければ、「征服」するものでもない。山の 神に感謝を捧げて、「登らせてもらう」ものなんだ。畏敬 の気持ちがなく、平気で山に対して「制覇」「征服」「踏 破」「やっつけた」の類の言葉を使う人とは、僕は相容れ ない。処女峰とかいう言葉を使う人も嫌いだし、でも、イ ンターネットでみつけた一番ひどい言葉は、(リストから) 「消しこんだ」だった。
この人はちょっと特殊な人で、三百名山を完登したあたり までは、すごい人だ、と思ったのだが、その後の行動を見 るにつけ、今は心底軽蔑してる。
あの人の文章は読みたくないのだが、悪いことに日本の、 多少なりとも名の通った山の名前で検索すると、たいて いGoogleの、かなり上の方でヒットするので、うっかりし て踏んじゃって、この体裁どっかで見たな、と思う次第で ある。でも、最短ルート以外の登山口名でも絡めて検索す ると、絶対に上がってくることはない。


(深田)百名山に挙げられた山は、どれもすばらしく、地 域の代表的な山である、ということには、まず異論をはさ む余地はないだろう。どの山も、1度は訪れてみたい。僕 もその手合いの1人であって、ちょっと怪しい山もあるが 完登を果たしている。あの山よりもこの山の方が、とかつ まらんことを言い出す輩もいるが、70位までは誰にも異 論はなかろうし、残りの30は、誰がどう選ぼうと異論が 出る山で選者の感性の違い、という言葉で片付け、ありの ままを受け入れるのがよかれ、と考えればいい。
それらのすばらしき山を、すばらしき文章で紹介した深田 文学は、日本の山岳界を代表する名著であるといえる。山 岳界に身を置いている者であれば、いつかその全てに足跡 を記してみたい、と思うのは自然であろう。

が、それに群がる輩がよくない。「百名山を制覇したい」 というのはいつの間にか慣用句になってしまったのだろう か。(深田)百名山指向の御人が、次から次に「百名山を 制覇したい」と言い出せば、いい加減耳をふさぎたくなる というものだ。

で、次にくるのは、現在○○座。百名山指向の人が、必ず といっていいほど持ち出す単語がこれだ。が、はっきりいっ て萎えるだけである。
僕にとってあんたが何座登ろうが、完登したとしても、何 も興味はない。自分の知り合いのお友達が「完登」したの であればそれは興味も沸くが、ただの数字を見せられて萌 えるようになったら精神障害もいきつく所にいきついたと いえるだろう。
実は自分が(深田)百名山に登りながら、僕が今いくつ登っ たのか知らない時期のほうが、ずっと多かった。自分がい くつ登ったのか興味がない位だから、他人がいくつ登った かなんか、もっとどうでもいい話なんだ。
百を完登した人なんか、Googleで検索すればすぐ百の単位 でみつけられる。はっきりいって食傷気味なんだ。完登し ていない人の数なんか、万の単位に届くだろう。1万人の 中から自分をアピールするのに、「現在○○座」はないだ ろう。


簡単にいえば、あれだ。百名山指向な人は、十把ひとから げ指向なんだ。実は山より数が大事で、山のことなんか何 もわかっちゃいない。いやわかっているというのであれば、 その何かを語ってくれ。「現在○○座」の代わりに、僕を ひきつけるような魅力的な文章で山を語ってくれよ。とこ ろが、「現在○○座」のあとに文章が続く人はまれだ。せ いぜい、今までいった山は○○山と、○○山と、○○山で、 上高地が美しかったとか、せいぜいそんなもんだ。
そんなものよりも、今まで登った山がたった1つでも、苦 しかったことや、山頂についたときの景色が綺麗だったこ とを、熱っぽく語る初心者の文章の方が、よほど魅力的で あろう。

文章には、書き手の興味の対象が素直に出るものだと思う。 興味のないことは活字にならないし、興味のあることは本 人が隠してもどこかで披瀝されるものだ。インターネット の、字数制限のない書きたいだけ自由に書ける世界におい て、出てきた言葉が「現在○○座」というのは、あまりに も悲しすぎやしないだろうか。



制覇って、ナンデスカ?

深田氏の文章は、公平に見て、素晴らしい文章だと思う。あ れだけの文章は僕には書けないし、山というものを知り尽く した人だからこそ、あれだけの文章が淀みなく書けるのだと 思う。
それなのに、あの文章にインスパイアされた衆目が、次々に 「百名山を制覇したい」という、箸にも棒にもかからんよう な文章を書くのは何故なのだろう。


「日本百名山」とは、文学作品であり、単なるリストの類と は違うものである。感化されるのであれば、文学のココロを も、引き継ぐべきなのではないだろうか。

(2015.5.7 13:11)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net