サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて

   

静かな山

僕自身はハンターではないと思っているんですけど、いわゆる 深田百名山に列挙されている山はほぼ登り終わったので、百名 山級よりは少しマイナーな山へ行くことが多くなりました。

で、2つのタイプの山にわけられます。えらく大勢の人が登っ てくる山と、まったく人がいない山です。あんまりその中間の 山というのがないんです。

まったく人のいない山は、1日歩いても誰ともすれ違いません。 それどころか、前に人が入ったのはいつ?という位痕跡の薄い 山さえ存在します。

多分、そういう山を歩いてきた人は、こう言うことでしょう。 静かな山歩きが楽しめた、と。でも、僕は怖いんです。ほとん ど単独で歩いているから、誰もいないということは、もし何か あっても見つけてもらえないということです。前にいつ人が入っ たかわからないような山は、要するにいつ見つけてもらえるか さえわからない。


僕は友人に連絡して山へ入ってますけど、これがイマイチ信用 できないだけに余計怖いんだよね…


僕は平日に山へ入ることも多いし、それもちょっと悪天でも行 く。こういうときに登ってくる人は確かに物好きに限られます けど、シーズンさなかだったり、休日だったり、絶好の好天だっ たりするにもかかわらず、時として恐ろしいくらい人と出会わ ない山と遭遇することがあるのです。

少しマイナーな山、といっても、一応全国区…とはいわないま でも、関東区くらいで、まあ関東に住んでいて、ちょっと長く 山をやってる人ならたいてい知ってるんじゃない?という位の 山しか登ってませんし、そのルートも、できるだけメジャーな ルートを選ぶようにしています。

自ら欲して静かな山歩きを探している人にとっては、羨ましい 限りでしょうけど、僕には、「誰ともすれ違わないような山」 を欲するという概念が理解できません。やはり何かあったとき のことを考えると、概ね1時間に1組、要するに1日歩いて4〜 5パーティくらいにはすれ違いたい、と思っています。

静かな山と、えらく人だかりの山とはあるけど、その中間とい うのはなかなか出会いません。やはり人が行く山は偏ってるな、 という気がします。

でも、静かな山に行ってみます?
やっぱり静かな山は怖い?


(2015.5.7 13:12)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net