サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   

夢多物買い通信

夢多物買い(むだものがい)通信〜〜〜、ということで、 今回は当世食器事情をお届けしたいと思います。

僕の場合食器についてはかなり満足度が高いので、ここ3年ばかり食器関係を 覗くことはほとんどなかったのですが、わけがあって久しぶりに覗いて見ました。
で、店頭の商品。

僕が3年○ヶ月前に一式そろえた時は、ステンレス製、アルミ製、チタン製と、三者均衡くらいで、 その中でちょっと奮発してチタン製を買い揃えた記憶があります。

今、店頭を見ると、チタンしかない。びっくりですね。それも、当時のアルミ製とおなじ位の値段。 1Lのチタン鍋が2千円以下と言われた日には卒倒してしまいます。
よくアウトドア本にはお米の炊き方とか書いてますが、実際には誰も鍋でお米炊いたりしないんだ なあ、というのがよくわかりました(意味不明)

相変わらず*の3点セット(2800円)の横に重量同じ組み合わせ内容全く同じのノーブランド 3点セット(2500円)が置いてあったりするあたりがおちゃめなのですが、この価格差なら僕 は*にするな。チタンの3点で2800円は一昔前のことを考えれば爆安だってばさ。

で、鍋の方にちょっと動きがありました。まあ、なんていうかとどまるところを知らないようでし て、チタンの肉厚薄いバージョンが登場したようです。本当か?この鍋で雪洞掘れるのか? 僕が持っているサイズは1.3Lで公称170gなのですが、肉厚薄い版は同サイズで140g。 鍋単体から30gの軽量、はかなり大きい。とりあえず併売みたいですが、いずれ厚い方は淘汰さ れてしまうのでしょう。
フタにリブが入っているところや、大きいサイズが発売されていないところを見るとメーカーの方 も心配なのは強度、といったところだと思いますが、チタン製の場合熱伝導が低いので余計に燃料 を消費する、という欠点もあるので、肉厚薄いのが有利に働くのではないか?という予想も立ちます。

でもボールドの文字でULTRA LIGHTのレタリングはいくらなんでもないでしょ。あれは 人前で使えない。デザイナーにちゃんとお金払わないと。
線の細いサンセリフかイタリックがおしゃれ。で、限定1000個でモトローさんの直筆がレタリ ングされているとか(爆)アイデア採用の際には僕のところに現物1個送ってください。

実際のところ、本気で軽量化するときに鍋を持っていくのか?とか考えはじめると、↑の物件もな んだかなあ、という気がしないでもないのですが、ここで肉厚を薄くするというソリューションが 出てきたことが食器にも波及することは十分考えられる。食器の方はそれなりに不自由しながら使っ ているので、*の食器4点セットが20g軽くなったらかなり検討の余地があるな、と思っています。

(でも今の食器には容量目盛りが入っているのが便利で、セットものは収まりがいいのはわかって  いるのですが、なかなか手放せない・・・)



ちなみに鍋、1人で1.3Lサイズはちょっと大きいんですけど、雪溶かすときとか、レトルトあっ ためるときとか、四角い袋ラーメンを作るときとか、2人の場合とか(T_T)
このサイズがあると意外と便利なのです。
0.9Lサイズとは20g差かな。あと、0.6とかも売られているんですけど、0.6だと1人 分のジフィーズも危ないような気が・・・・0.6を使っている人、コメント求む。
サイズ違いセットものもありますけど、結局バーナーが1つの場合同時に火にかけられるのは1なの で、2つ同時に使うことは僕はあまりないような気が・・・

(2015.5.7 13:11)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net