サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   

今年の思い出の山行

三峰から単独で5時間のラッセル。わかんをつけて脛ー膝
の雪を踏み、めげる頃後続に追いつかれて交代した。最終
的に霧藻ヶ峰に立ったところで敗退。休憩所から見たその
山は実に高く見え、そして今も我が心に単独フルラッセル
で登るべき山として高く聳えている。
たとえその翌週、石尾根を縦走して奥多摩駅で冷たいそば
を堪能することができたとしても。

暗い谷に落とす光。美しく青い渓谷美からはじまる登山道。
どこまでも静寂に包まれた山行だった。崩壊が進んだ道。
そして、歩き疲れた頃に舗装道路へ出た。
わざわざガラス製のワイングラスを持ってあがった山は、
翌日伊勢湾越しに富士山を望む感動の夜明け。再び4時
間歩いて下山した後、今度は大杉谷を下ろうと約束して
別れた。
ドライブウェイの終点からたった1時間で登れる山の、
ドライブウェイ開通前の静寂。

登頂を開始したのは23時だった。誰とも会わずに山頂を
踏み、草原に寝転んだ。海からの暖かい風。夜景と星空を
見ながら、時が止まったような感覚におちいった。休みが
なくても山はできる。月明かりを頼りに下山した。
幕岩が賑わう頃、僕は会社で仕事していた。

2度の敗退を含む4年越しの片思い。僕は黒戸尾根から
登頂すると心に決めていた。
憧れていた山に立ったのは駒津峰からだった。台風の影
響。大風の中何も展望のないピークに立った。複雑な気
持ちだった。
その山行最後のピーク。晴れていれば、歩いてきたルー
トを目で追ってみるつもりだった。農鳥岳、塩見岳、赤
石岳、上河内岳、そして−
道のりの長さだけ敗退の悔しさが残った山行だった。
その日、白い岩肌を見ることはついにできなかった。

以上の記録は大筋で事実ですが、文章として仕上げるため若干フィクションが混じっています。

(2015.5.7 13:12)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net