サイトマップ | 更新停止のご案内 | このサイトについて


   

登山とダイエット


ご来訪ありがとうございます。

私のサイトには実はカウンターが設置されていません。僕はサイトを公開していても、実はどの位見られていて、どの位リピーターの方がいるのか、というのは、実は良く分かっていません。
ご来訪帖の方、内容が少々高度になってしまっており、少々書きづらいかとは思いますが、一言だけでも結構ですので、ぜひ、足跡だけでも残して頂きたいと思っております。


さて、本日更新しましたのは、「登山とダイエット」という項になります。少しリンク集を整理したりしまして、実質的な作業量は2日丸々だったのですが、初公開ということで、*少しだけ*ですが、構想がカタチになりました。書きかけのHTMLも混じっていたりしますが、とにかく今夜は第一歩を踏み出した、ということで、そのあたりはご容赦いただければ、と思います。実は腱鞘炎になってしまったもので・・・・



みなさんダイエットと言われますと、目方を気にされる方が多いですが、体脂肪率の方により注意を払ってもらった方がよろしいのではないかと思います。
脂肪は比較的軽いですから、脂肪が筋肉に変わりますと、体重が減らない、もしくは場合によっては増加する、といったことも考えられます。しかしながら、脂肪が減って筋肉に変わる、というのは、体の健康にとっては非常に良いことでして、さらには筋肉が増えることで脂肪が減りやすくなる、という傾向も生まれてきます。


僕自身はここ数年、体重は減少傾向にあります。身長は176cmですので標準体重は68kg前後。学卒の頃は58キロ・13%位でした。55キロ前後を経て昨年は58キロ・10%位まで増やしたのですが、筋肉が落ちたことで見事に体重も減り、今や56kg、10%。登山のダイエット効果が恨めしく思ったりする今日この頃です。

僕ももうすでに記憶が定かではないのですが、南ア全山をやったときには5kg位体重が落ちまして、あの後大変な思いをした(ひたすら食べつづけて体重を戻した=僕の場合5kgも体重が落ちたら日常生活でもスタミナ不足になってしまいます。おまけに夏バテと当たりましてヘロヘロになっていました)経緯があります。やり方さえ間違わなければ、登山ほどダイエットに向いた運動はない、というのは、僕の1つの持論です。


体格のある方が、体重を落とされますと、もっと、今以上に楽しい山ができるようになります。たとえば東北のお花畑、今までは登るのも辛くて花を見る余裕がなかったかもしれませんけど、2キロ、いや、3キロ落とすと、いやあ辛かった、としゃがみこんで、一段落したらカメラを持って歩き回れる位になるかもしれません。もっと落とすと、歩きながら周りの花を楽しめるようになるかもしれません。5キロ落としたら、今度はテント泊もできるかもしれません。

山は体力があったほうが、間違いなく楽しいです。体重が減れば、体力を大きくカバーしてくれます。

もし、登山を通じてダイエット、といいますか、少し体重を落としてみたい、という方がいましたら、拙文ですが、ご拝読頂ければと思います。


(2001.1.21)

(2015.5.7 13:12)(by script)




更新)


mixiチェック

mailto:mailaddress

tozan.net - http://tozan.net